ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界的ジャズピアニストが語る、あの名門ジャズフェス

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

世界的ジャズピアニストが語る、あの名門ジャズフェス
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。12月7日(木)のオンエアでは、ジャズピアニストの細川千尋さんをお迎えしました。

細川さんは、2013年に「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ソロ・ピアノ・コンペティション」にて、日本人女性初のファイナリストとなったほか、数々の賞を受賞。さらに、イタリア、スイス、ベルギーなどでもソロ・リサイタルを開催しています。

細川さんは、お母さんがピアノの先生をしていたこともあり、2歳の時からピアノのレッスンを受けていましたが、ジャズピアノを始めたのは大学に入ってからだそうです。

別所:ジャズピアノに魅了されたきっかけは?
細川:私は練習があまり好きではないタイプで、その場で作っていく感覚や、その時に思ったことを表現していくのが好きだったので、こっちの世界の方が合っていると思ったんです。
別所:クラシックピアノは再現美ですけど、ジャズピアノはその時の気持ちで展開していきますからね。

続いて、名門中の名門のジャズフェスティバル「モントルー・ジャズ・フェスティバル」についてお聞きしました。細川さんによると、いろいろなところで音楽が鳴り響いていて、まさに、お祭り騒ぎだったそうです。

細川:とにかく楽しくて、テンションが上がって「こんなところで弾かせてもらえるんだ」って…。
別所:1960年代から行われているジャズフェスティバル、すごいですよね! コンクールはどういう仕組みなんですか?
細川:まず、CDなどによる審査があって、その後はスイスでセミ・ファイナル、ファイナルと続けて行われました。

曲は課題曲があるものの、自分で作った曲も演奏できて、かなり自由なのだとか。審査も公開で行われ、お客さんのノリが非常に良かったそうです。「すごくウェルカムな雰囲気がお客さんからきていて、『楽しもう』と思いました」と、コンクールの様子を振り返りました。

放送では、アーヴィング・バーリン作曲の「White Christmas」を生演奏で披露していただきました。別所も思わず大拍手! 今後の活躍も楽しみですね!

さて、12月11日(月)から14日(木)、次週の「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」ではプレゼントがいろいろと用意されます。6時から9時までの3時間、お聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。