体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【住む街ガイド】小説『活版印刷三日月堂』の舞台・川越は積み重ねる歴史の街だった

小説『活版印刷三日月堂』(ほしおさなえ・著)の舞台となった川越市。蔵造りの街並みをはじめ「古きよき」の印象が強いエリアだ。そんな川越を作品片手に歩いてみたら、意外な一面を見つけた活版印刷三日月堂 星たちの栞 ほしおさなえ・著 734円 ポプラ文庫

活版印刷三日月堂 星たちの栞
ほしおさなえ・著 734円 ポプラ文庫『活版印刷三日月道』のあらすじ

長く祖父母が営んでいたかつての印刷所に、わけあって越してきた28歳の月野弓子。あるきっかけから店を再開した弓子と、昔ながらの活版印刷に興味を引かれ店を訪れた人々との交流を、連作短編形式で描く感動作。

近年再び注目を集めている「活版印刷」、そして小江戸と呼ばれる川越の魅力もたっぷり堪能できる。シリーズ第2弾も発売中。「小江戸」川越の街が育む、丁寧な暮らしのドラマ

蔵造りの店構えが続く川越一番街。池袋から電車でほんの30分の場所なのに、それ自体がテーマパークのように昔の風情を残す。この街を舞台に、ものづくりを通じて互いに心を通わせる人々を描いた作品がある。

『活版印刷三日月堂』の舞台である「三日月堂」は、メインストリートからほんの5分ほど入った路地にある。一度は閉じてしまった小さな活版印刷所を舞台に、周辺に住むさまざまな人々が織りなすストーリーだ。一つひとつ活字を拾い、版を作り上げる活版印刷は今や商業的にはほとんど顧られなくなっているが、かつて活版に親しんだ思い出を大切にする人、初めて出合う若者が、それぞれの思いの中でその魅力を見つけていく。

ただレトロ趣味なのではなく、伝統工芸のように昔のものを守り続けていくものでもない。作中でも、三日月堂店主・弓子は活版で組む前はパソコンを駆使し、自分の小説はメールで送っている。

「素敵であり続けるためには、ちょっとずつ更新しなくちゃいけないのかもしれませんね」

作中の弓子の言葉は川越の街にも当てはまる。一番街を歩くと、蔵造りの街は単なる観光客向けの保存地区でなく、改装して新しい商品を扱っている店も多いし、昔ながらの自転車店や古本屋など、地元の人々の需要のために存在している店もあることに気付く。

作中の人々と同じように、日々を丁寧につむぐ住人の気配が街から伝わってきた「蔵の街」の風情を守りつつ、やっぱりテーマパークじゃない、日常に息づく街なのだ。

 小説に登場するスポットを歩いてみよう川越周辺のスポットMAP 川越周辺のスポットMAPスポット①:時の鐘木造で3層のやぐらで高さは約16メートルもある!

木造で3層のやぐらで高さは約16メートルもある!

明治27年に再建された川越のシンボル。昼は観光客などでにぎわうが、朝晩は閑静な雰囲気。

●住所:埼玉県川越市幸町15―7
●アクセス:西武新宿線本川越駅から徒歩15分

 スポット②:鴉山稲荷神社川越駅から歩いていける

川越駅から歩いていける

蔵造りの街並みからほど近い、仲町交差点西側の路地奥にある。小説の設定ではこの神社の斜め前が三日月堂となっている。

●住所:埼玉県川越市仲町10-10
●アクセス:西武新宿線本川越駅から徒歩13分

 スポット③:川越一番街明治26年の川越大火を受け、防火対策を考えた蔵造りの街並みだ
1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。