体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

男性は女性より3倍リスクが?腎細胞がんのサインと早期発見の重要性

男性は女性より3倍リスクが?腎細胞がんのサインと早期発見の重要性
お笑いコンビ「藤崎マーケット」の田崎佑一(36)さんが、腎臓に腫瘍が見つかり、11月22日に手術を受けていたことが分かりました。早期発見だった為、腹腔鏡手術で左腎臓の部分切除後は順調に回復をしており、今週には退院予定とのことです。(参考)

働き盛りの30代男性を襲った腎細胞がん、一体どのような要因があるのでしょうか?

今回は、腎細胞がんについて原因・症状、早期発見する為の検査方法や予防法を医師が丁寧に解説します。

腎臓にできるがんの種類

腎臓 

腎細胞がん

尿を作る腎臓本体にできるがん

腎盂がん

できた尿を運ぶ経路である腎盂に生じるがん

腎芽腫

Wilms腫瘍、ウイルムス腫瘍。子どもの病気であり胎児期の未熟な腎臓組織から発生するがん

がん以外の腫瘍

・腎血管筋脂肪腫(腎過誤腫、angiomyolipoma、AML)

・腎嚢胞などの良性腫瘍

腎細胞がんの原因

細胞 

どのがんでも、原因は細胞分裂の際に起こる遺伝子の異常です。細胞は、必要な時に必要なだけ増殖し、必要なければ死んでいくという秩序を持っています。

細胞増殖の際には遺伝子をコピーして細胞を複製しますが、その際にエラーが生じ、エラーを監視するシステムをすり抜けると、無秩序に増えて死ににくい細胞が生まれることがあります。これががんです。

遺伝子のエラーは常に生じており、我々の体内には毎日数個のがん細胞が生まれていると言われていますが、免疫システムやチェック機能が作動して、大きくなる前に排除しています。

遺伝子のエラーを起こしやすくする要因

・タバコ

・紫外線

・放射線

・発がん性を持つ化学物質(アスベスト、有機溶媒、重金属など)

遺伝子のチェック機能の精度を下げる要因

■ 遺伝

生まれつき持っている遺伝子の変化があげられます。いわゆるがん家系や家族性がんと言われるものでは、がんに対抗するために必要な遺伝子に生まれつき異常があると言われています。

von Hippel-Lindau病と呼ばれる遺伝性の病気の患者では、その2/3に腎細胞がんが見られると言われています。

■ 肥満、高血圧

肥満や高血圧があると腎細胞がんになりやすいと言われています。

腎細胞がんの発生率

30代男性 

腎細胞がん自体が全てのがんの1%程度しかない、珍しいがんであり、30代で腎細胞がんになるのは非常に珍しいことと言えるでしょう。

特に「これがあると30代でも腎細胞がんになる」というはっきりした原因はありません。

腎細胞がんの症状

背中が痛い 
1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会