体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クエンティン・タランティーノ、J・J・エイブラムスと『スター・トレック』新作映画でタッグか

クエンティン・タランティーノ、J・J・エイブラムスと『スター・トレック』新作映画でタッグか

独自の世界観でオリジナル作品を作り上げるクエンティン・タランティーノ監督だが、どうやら『スター・トレック』新作映画のアイデアを思いついたようだ。エンタメ情報サイト『Deadline』が伝えた所によると、現在『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』を製作中のJ・J・エイブラムス監督に『スター・トレック』新作の話を持ちかけているというのだ。

『Deadline』によると、パラマウント・ピクチャーズは、タランティーノの構想を展開するため、脚本のチームを立ち上げる予定で、エイブラムスがプロデューサー、もしかするとタランティーノがメガホンを取るかもしれないという。

エイブラムスは映画『スター・トレック』シリーズのリブート作品を2009年に初めて発表、2013年に続く『スター・トレック イントゥ・ダークネス』を世に送り出した。現在はルーカスフィルムの世界に身を置き、『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のあと『エピソード9』でも監督の椅子に座るが、『スター・トレック』シリーズでも引き続きプロデューサーとして関わっている。

一方、これまで自身のオリジナル作品ばかり作ってきたタランティーノにとって、既存のフランチャイズものは未知の領域だ。テレビドラマ(『CSI:科学捜査班』や『ER 緊急救命室』)で監督をしたことはあるが、007のような映画シリーズ作品を監督するのは「考えたことはある」という程度のものだった。

とは言え、タランティーノは2015年に「スター・ウォーズよりはスター・トレックの監督をするだろう」と発言しており、「昔のスター・トレックのエピソードを選んで、それを1時間半とかそれ以上の長さにストーリーを広げるのは簡単で、驚くようなスゴイものができるだろう」とも語っている。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』予告編、公開から1日で2億3000万回も再生される!?
映画『リメンバー・ミー』、米国では『アナと雪の女王/家族の思い出』の上映をカットへ
『ワイルド・スピード』のキャストとファンがポール・ウォーカーの4回忌に思いを寄せる
オーランド・ブルーム、『ロード・オブ・ザ・リング』レゴラスそっくりなエマ・ストーンをからかう
フィル・ロード&クリス・ミラー監督、『ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』からの降板について口を開く

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy