体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ザ・クロマニヨンズ ライヴレポート】『ザ・クロマニヨンズ ツアー ラッキー&ヘブン 2017-2018』2017年11月29日 at マイナビBLITZ赤坂

 10月26日からツアー『ラッキー&ヘブン 2017-2018』をスタートさせたザ・クロマニヨンズ。初日から約1カ月後の11月29日、東京・マイナビBLITZ赤坂で彼らのライヴを観ることができた。
 (okmusic UP's)

 満員の観客を前に、10月11日リリースのアルバム『ラッキー&ヘブン』からのナンバーを中心に全力疾走のステージを展開していく4人。8月にリリースされた最新シングル「どん底」、そのカップリング曲「ぼー」など、シンプルにして攻撃力あふれるナンバーが次々に観客に襲いかかる。曲の切れ目がほとんどないままスピード感に満ちた演奏と歌が続く中、昭和歌謡的なムードコーラスを聴かせる「足のはやい無口な女子」、リズミカルにタイトルを何度も繰り返す「ハッセンハッピャク」など、コーラスを強く意識させる曲がアクセントを与える。

 そして、「ワンゴー」では、ロックンロールのレジェンド、チャック・ベリーの得意とするイントロのギターレーズを真島昌利(Gu)が奏でて盛り上げる。一貫してパワフルなヴォーカルの甲本ヒロト(Vo)は、「ユウマヅメ」ではやさしげな、「ペテン師ロック」では荒々しいハープを聴かせ、強烈なカラーで彩りながら、さまざまな表情を観せていく。鋭利な刃物のような演奏と猛々しいヴォーカルを高いテンションのまま維持し、楽曲の個性がより際立ったライヴを展開してくれた。ツアーは年をまたいで来春まで続くので、今後も各地で熱いステージが繰り広げられることだろう。
撮影:柴田恵理/取材:岡本 明
セットリスト
現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
ザ・クロマニヨンズ
ザ・クロマニヨンズ:2006年7月23日13時41分、『FM802 MEET THE WORLD BEAT 2006』に出現。その後、数々の夏フェスにも出現し、デビュー前から話題を呼んだ。そして、同年9月に待望のシングル「タリホー」でデビュー。ロックンロールをこよなく愛する4人が最強のロックンロールを響かせる!
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。