体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

幻の酒米を愛した時、人は“オマチスト”になるという

幻の酒米を愛した時、人は“オマチスト”になるという

ナルシストでも、ピアニストでもない。ボタニストでもなければハルキストでもない。今回ご紹介するのは「オマチスト」、なんである。これ、「雄町」っていうお米で作った日本酒を偏愛する人たちのこと。もし今後アナタが日本酒通を語るなら、その名を知らずしてきっとそれは許されないであろう~。私も最近知ったけど。

オマチスト、増殖中

幻の酒米を愛した時、人は“オマチスト”になるという

「“雄町”っていう酒米を使った日本酒が試飲できるイベントがあるので、行きませんか?」

そんな連絡が先輩から来たのは、この夏のこと。雄町のことはよく知らなかったけど、日本酒がたくさん飲めるって聞いてホイホイついて行くことになったのだ。それが、「雄町サミット」というイベント。雄町を使った全国の日本酒が200銘柄ほど試飲できるようになっていて、想像以上の多さと盛り上がりを見せていた。幻の酒米を愛した時、人は“オマチスト”になるという幻の酒米を愛した時、人は“オマチスト”になるという

そして会場でこんな声を耳にする。

「雄町の酒は今人気があって、それが好きな人らは“オマチスト”って呼ばれてますね〜」

何それカッコイイ。私のようなミーハーな日本酒好きとは違う、「極めた感じ」漂う呼び名…。うらやましい。ちなみにこの呼び名は、かれこれ10年ほども前からファンの間で自然発生的に誕生したものだとか。そんなわけでこの瞬間、私は初めてオマチストの存在を知った。そしてこのオマチストは今、増えているという。

雄町の酒には、
愛される理由がある

幻の酒米を愛した時、人は“オマチスト”になるという

雄町を使った日本酒、一体何がそんなにいいというのだろう? 雄町という酒米は粒が大きく、心白(米の中心部分)が球状になっている。そのために米が柔らかく、もろみの中で溶けやすいのだとか。そうしてできる日本酒には、以下のような特長が期待できるのだ。

 

1、丸みのあるふくよかさ

2、昔の米らしい野性味

3、幅のある複雑な味わい

4、長い余韻

5、熟成で化けるうまみ

6、料理との相性が抜群

 

そして最近では、日本酒の原料である米に強いこだわりをもつ蔵元が増え、雄町の全国需要が増加。入手しづらい状況が続いた結果、なんと現在では「雄町は幻の酒米」と言われているそうで。「幻」とか、「限定」とかいうワードにめっぽう弱い人は、これ聞いただけできっと飲んでみたいと思ったはず。

 

ちなみにイベントで試飲して個人的に好きだった銘柄はこちら。

 

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会