体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

乃木坂46のアンダーメンバーによるアルバム『僕だけの君~Under Super Best~』の詳細を発表!

乃木坂46のシングル表題曲の選抜メンバーではないという立場の中でキャリアを積み重ねる“アンダーメンバー”によるアルバム『僕だけの君~Under Super Best~』が2018年1月10日(水)にリリース! 今作には、シングルにカップリングとして収録されている“アンダー楽曲”の全曲をコンプリートするだけでなく、グループを卒業した中元日芽香のソロ曲を含んだ新曲4曲も収録されることが発表された。
乃木坂46 (okmusic UP's)

さらに、初回生産限定盤に収録される特典映像「The Best Selection of Under Live」は2013年に幕張メッセで開催した初のアンダーライブから、2017年の秋に行なわれた九州シリーズ・福岡公演までの中から名場面がセレクトされたアンダーライブ特選集となる。今までに製品化していないアンダーライブの映像だけに、ファンも待ちきれない必見の特典だ。また、初回仕様限定盤に収録される特典映像「“Super Under”Music Video Collection」には、アンダー楽曲の全MVに加えて、「君は僕と会わない方がよかったのかな」のMV監督・山田篤宏が手掛けた中元日芽香のドキュメンタリー映像、伊藤万理華の個展「伊藤万理華の脳内博覧会」の会場限定で上映された「トイ」「はじまりか、」も追加収録されることが明らかになった。年内に卒業発表をしている中元日芽香と伊藤万理華の最後の作品となるだけに、こちらも見逃せない内容となっている。

“アンダー”といえど、2017年の4月には東京体育館3daysのライブを成功させ、乃木坂46の層の厚さを示した乃木坂46アンダーメンバー。グループの今後の鍵を握っているメンバーだけに要注目だ。
アルバム『僕だけの君~Under Super Best~』
2018年1月10日(水)発売

【初回生産限定盤】(2CD+1DVD)

SRCL-9630~9632/¥6,018+税抜

※三方背BOX&デジパック仕様&豪華フォトブックレット付き

<収録曲>

■DISC 1 ※全形態共通

M1:左胸の勇気

M2:狼に口笛を

M3:涙がまだ悲しみだった頃

M4:春のメロディー

M5:13日の金曜日

M6:扇風機

M7:初恋の人を今でも

M8:生まれたままで

M9:ここにいる理由

M10:あの日 僕は咄嗟に嘘をついた

M11:君は僕と会わない方がよかったのかな

M12:別れ際、もっと好きになる

M13:嫉妬の権利

M14:不等号

M15:シークレットグラフィティー

■DISC 2 ※全形態共通

M1:ブランコ

M2:風船は生きている

M3:アンダー

M4:My rule

M5:自由の彼方

M6:欲望のリインカーネーション

M7:君が扇いでくれた

M8:自分のこと(※新曲:中元日芽香ソロ曲)

M9:自惚れビーチ(※新曲:19thシングルアンダー曲)

M10:その女(※新曲:19thシングルアンダー曲)

M11:誰よりそばにいたい(※新曲:19thシングルアンダー曲)

<特典映像>

■DVD

「The Best Selection of Under Live」

・予約URL

https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=SRCL000009630

【初回仕様限定盤】(2CD+1DVD)

SRCL-9633~9635/¥5,556+税

※三方背BOX&フォトブックレット付き

<特典映像>

■DVD

「“Super Under”Music Video Collection」

・予約URL

https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=3036&cd=SRCL000009633

【通常盤】(2CD)

SRCL-9636~9637/¥3,241+税

・予約URL

https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=3036&cd=SRCL000009636
 (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。