体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

保護猫カフェでネコヨガ 〜のび猫ストレッチで猫になる〜

最近は保護猫カフェでもいろいろなイベントが開催されています。

この日は、横浜市青葉区のカフェブランで「ネコヨガ」が行われていました。猫のようにぐーんと伸びるポーズを真似ることで、猫のようにしなやかな体と猫のように自由な心を手に入れることができるとのこと。

飛び入りインストラクターの「オレオ」。「体をねじるときは足の先まで、ぴーんと伸ばすにゃ!」と本格指導です。

猫にも指導されながらののび猫ストレッチ。一生懸命に頑張る必要はないそうです。猫のように自由気ままに、やれる時にやる、やれない時はやらない。自分のこころの声に耳を傾けて、無理のない範囲でやればよいとのこと。このゆる〜い精神と保護猫カフェの空間と、時々目の前を横切る猫の行動が、心の底からリラックスさせてくれます。

神々しいオーラを放つこの方は、インストラクターの池迫美香さん。日本ドッグヨーガ普及協会 の「ネコ部部長」という肩書です。

ネコヨガを始めたきっかけは、9年前に出会った愛猫うみの存在だそうです。うみと暮らし始めてから動物の殺処分の現状を知り、自分に何かできることを模索した結果辿り着いたのが「のび猫ストレッチ」でした。各地の保護猫カフェや保護猫シェルターでイベントを開催することにより、保護猫の認知度の向上に貢献しています。

こういった活動が多くの人が動物を取り巻く現状に気づくきっかけになれば良いと思います。

ネコヨガの予約スケジュールや申込み状況はこちらのブログから確認できます。→「にゃんと!!YOGAのブログ

そしてさらに日本ドッグヨーガ普及協会では、「ネコヨガインストラクター養成コース」も開催しています。ネコヨガに参加するだけでは物足りない、保護猫のためにもネコヨガの普及に一役買いたいという方はぜひお問い合わせください。

カフェブランで有名な膝乗り猫のミチコ。ネコヨガの時に人間にヒョイヒョイ飛び乗る姿を期待しましたが、この日1時間強のネコヨガ開催中、ず〜〜っと寝てました。ミチコは気まぐれです、なかなか人の思うようには動いてくれないですねー。

猫式 シナンジュ

キャッツイン東京 ポンポン

著者:ねこたろう

にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。