体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィフス・ハーモニー、“Spotify Singles”でカルヴィン・ハリスをカヴァー

フィフス・ハーモニー、“Spotify Singles”でカルヴィン・ハリスをカヴァー

 フィフス・ハーモニーが、“Spotify Singles”のために米ニューヨークのSpotify Studiosで録音した楽曲の配信がスタートした。

 “Spotify Singles”は、アーティストが自身のオリジナル曲とカヴァー曲をそれぞれ1曲ずつ演奏・録音し、2曲1セットでSpotifyユーザーのためだけに配信する人気プログラムだ。

 4人は、今夏リリースされたセルフ・タイトル・アルバム収録曲「ヒー・ライク・ザット」とファレル、ケイティ・ペリー、ビッグ・ショーンが参加したカルヴィン・ハリスの大ヒット・ナンバー「フィールズ」のカヴァーを新たにレコーディング。シンプルなピアノの伴奏にガールズの珠玉のヴォーカルが映える、ソウルフルなカヴァーに仕上がっている。

 そして現地時間2017年12月6日、フィフス・ハーモニーは自身のTwitterで「@Spotifyのために何曲かパフォーマンスできて楽しかった。“ヒー・ライク・ザット”と“フィールズ”のカヴァーを披露した私たちの#SpotifySinglesを聴いてね」と配信がスタートしたことを発表した。

 フィフス・ハーモニーが、“Spotify Singles”に参加するのはこれが初めてではなく、今月1日には、クリスマス映画『ザ・スター』に起用された楽曲「キャン・ユー・シー」を配信している。

◎フィフス・ハーモニー“Spotify Singles”音源
https://goo.gl/uyLQdy

関連記事リンク(外部サイト)

フィフス・ハーモニー、ピットブルとのコラボ曲のMV公開
フィフス・ハーモニー、初の単独来日公演が決定
フィフス・ハーモニー、クリスマス・ソング&フレンチ・モンタナのリミックスの2曲を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。