体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハワイの人が大切にしている“マナ”って?

ハワイの人が大切にしている“マナ”って?
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「Cosme Kitchen ORGANIC CONCIERGE」。12月6日(水)のオンエアでは、ハワイの研究家、翻訳家の新井朋子さんにお話を伺いました。

ハワイの神話の著書や翻訳を手掛ける新井さん。ご自身がハワイの神話や聖地にハマったきっかけや、ハワイの“マナ”についてお話ししてくださいました。

「元々、私はハーブとかアロマテラピーが大好きで、植物の癒しや自然の力に興味がありました。東京で生まれましたが、何年か田舎に住むことがあり、その場所は本当に山の中で、その時の植物に囲まれた景色が私の原風景になり、それから植物に親近感を感じるようになったんです」(新井さん、以下同)

植物に囲まれた生活を経験していた新井さんは、30年ほど前に新婚旅行で訪れたハワイにとても感動したそうで、翻訳の仕事をしていたこともあり、ハワイに関する本を買って帰国したそうです。そのなかにはハワイの神話やスピリチュアリティに関する本も沢山あり、そこからハワイの神話などの世界に興味を持ち始めたのだとか。

ハワイでは目に見えない神聖な力を“マナ”と呼んでいるそうです。王様や、位の高い人はマナを沢山持っていると言われ、また、王様が住んでいた場所や、昔から聖地と呼ばれている場所にはマナが宿るとも言われているそう。

「昔は、レイを作る時に自分のマナを込めていたので、本当に自分のマナをあげてもいい人だけにレイを渡す感覚でした。自分の家族以外にレイをあげないこともあったくらい、すごく大切なものだったようです」

それこそ「失うと死んでしまう」というくらい、マナは生命力や神秘の力と考えられているのだとか。

新井さんには、7日(木)もハワイのお話を伺います。そして、11日(月)から4日間は、ハワイ島のオーガニック・ライフ、大自然を感じる旅のお話を、ハワイ島のプライベートガイドでもある、ジュンカ・アリオカさんに伺います。こちらもお聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。