ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

食事の後に食べる大人の「シメパフェ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

12月6日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、大人が楽しめる渋谷を特集した中で、「Parfaiteria・beL(パフェテリアベル)」(東京都渋谷区)が紹介された。

JR渋谷駅から徒歩3分ほどにあるパフェ専門店。北海道で大ブームになった食事の後に〆としてパフェを食べる「シメパフェ」が味わえる。

番組内では旬の食材を使った3種類の季節限定パフェを紹介。さわやかな辛味が特徴の沖縄特産の島コショウ・ピパーツを使った「秋冬限定・巨峰とピパーツ」(1,400円)は、ピリッと辛いピパーツをアイスにトッピングすることで甘さの中の刺激が飲酒後に食べたくなる一品。さらに濃厚な赤ワインのゼリーや食感を楽しむごぼうのフライなど様々な大人食材を盛り付けている。また、洋梨の赤ワイン煮やジェラートなどはすべてお店の手作り。田山涼成さんは「品のいいミルクの香りが広がってまして、舌にピリリってなって大人」とコメント。

「秋冬限定・栗とカシス」(1,700円)は、ラム酒のシャンティ(フランス語でホイップクリームのこと)がポイントの一品。高嶋政伸さんは「しっかり栗の味が、これは呑んだ後にいいかも。(シャンティが)すごい濃厚な味のアイスクリームみたいですね」とコメントした。

「秋冬限定・洋梨とゴルゴンゾーラ」(1,700円)は真ん中が空洞になっており、食べられる一輪の薔薇が飾られている。近藤春菜さんは「全然甘すぎないで、ゴルゴンゾーラチーズが合う」とコメント、薔薇を味わうと「ちょっと苦味が、大人の味」とほろ苦さが甘さを引き締める大人パフェを堪能した。

最後に一番人気で通年食べられる看板メニューの「ピスタチオとプラリネ」(1,400円)が紹介された。プラリネはカラメルコーティングしたナッツのことで、ジェラートに練り込まれている。お店で焼いたシフォンケーキを使うなど手間暇がかかった一品だ。さらに、スタジオゲストに「苺とジャンパーニュのパフェ」(1,900円)が振る舞われた。こちらは、鳥の巣をイメージしたホワイトチョコとショートケーキをイメージしたチョコジェラートと砕いたスポンジがポイントに一品となっている。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:夜パフェ専門店 パフェテリア ベル(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:渋谷のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:渋谷×カフェ・スイーツのお店一覧
洋食の人気メニューが一度に楽しめる「ハッスル丼」
新鮮な魚介を使ったフレンチと和食の創作料理店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。