体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

老舗の激旨チャーハンはスープが注がれて出てくる!?

老舗の激旨チャーハンはスープが注がれて出てくる!?
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「7-ELEVEN LUNCH HUNTER」。この週は「パラパラだけでは終わらない!絶品チャーハン特集!」と題して、チャーハンに特化したブログ「チャーハン・炒飯 美味礼賛」の管理人、光安弘毅さんにとっておきのお店を紹介してもらっています。

12月6日(水)のオンエアでは、有楽町にある中華料理店「慶楽」のスープチャーハンを紹介していただきました。美味しいチャーハンの基準として、お米がパラパラしているということが挙げられますが、慶楽のチャーハンは「ひたひた系チャーハン」です。

また、慶楽は昭和25年創業ですが、驚くことに、開店当時からメニューを一切変えていないそうで、スープチャーハンも当時から提供されていたそうです。

お店の方によると、スープチャーハンが生まれたきっかけは、お祖父様の出身地の広東省では水の環境が良くなかったことから、水の代わりにスープをたくさん飲むため、チャーハンと一緒に食べるようになったという説と、お父様の話では、店の近くに麻雀店がたくさんあり、出前に行く時にスープの場所がなかったため、スープをかけてしまったという説があり、どちらが正しいのかは不明なのだとか(笑)。

ちなみに、お祖父様の出身地辺りでは、薬膳や野菜を入れたスープを飲む習慣があり、体調がすぐれない時にはご飯にかけて食べる文化があるため、お祖父様の説も有力そうです。

スープは鶏ガラの一番出汁を使用。チャーハンの形を崩さないよう、たっぷりと注がれます。その様子は番組の公式ツイッター(@stepone813)で動画で公開しています!

「チャーハンは油を控えめにして、炒めすぎない程度にパラっと炒めます。スープを注ぐ時にはほぐれないようにします。最初はサラサラしていたのが、おじやのようになります」とのことでした。チャーシューも絶品だそう! ぜひ、お試しください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。