体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どのスマホにも対応! 3つの端子を備えた充電ケーブル「3CHARGE」が便利そう

仕事でiPhone、プライベートでAndroidというふうに端子が異なる複数の端末を持っている人は多いだろう。タイプの異なる端末を使うということは、つまりケーブルもそれに応じたものを持ち歩くことになる。

そこで、今回紹介するのはライトニング、USB Type-C、マイクロUSBと3つの端子を備えた充電ケーブル「3CHARGE」。これ1つであらゆるデバイスの充電ができる。

・3つのケーブルを集約!

ご存知の通り、iOSデバイスの充電・データ転送用の端子はライトニングで、Android端末はマイクロUSBが多い。そして最新のAndroidスマホではUSB Type-Cが採用され始めている。

一体、いくつのケーブルを携帯すればいいの!と言いたくなるわけだが、3CHARGE ならどの端末にも対応するので、持ち歩くのはこれだけで済む。ケーブルが絡んでバッグの中がカオス…なんてこともなくなる。

・データシンクも

3CHARGEは3つ又に分かれていて、つなぐ端末・ガジェットの端子に応じて選ぶだけと、使い方はいたってシンプル。充電だけでなく、データシンクができるのも便利だ。

また、3CHARGEの端と端をマグネットで留めてループ状にできるので、キーホルダーなどにつけておくといざというときにさっと使える。

お手ごろ価格なのも3CHARGEの魅力。今ならクラウドファンディングサイトKickstarterで12ユーロ(約1600円)〜となっている。出資は来年1月12日まで受け付ける。

3CHARGE/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy