体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KDDI、シャープの「AQUOS R SHV39」をAndroid 8.0 Oreoにバージョンアップ

KDDI は 12 月 5 日、シャープ製の 2017 年夏モデル「AQUOS R SHV39」の Android 8.0 Oreo アップデートを開始しました。AQUOS R はこれまで Android 7.1 Nougat ベースのシステムでしたが、今回のメジャーアップデートによって最新の Android 8.0 Oreo に変わります。主な変更点としては、Google が Android 8.0 に追加した新機能や様々な改良のほか、AQUOS Home の画面スワイプアップによるアプリドロワーの表示、電話・電話帳のデザインと機能の改良です。Android Oreo の代表的な変更点は、ピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)の追加、通知チャンネルや通知ドットへの対応、LDAC / aptx / aptX HD のネイティブサポート、スマートテキスト選択の追加、Autofill によるフォームデータの自動入力のサポート、設定メニューのリニューアル、Google Play Protect の公式サポート、「提供元不明アプリ」の設定方法の変更、Project Treble の導入です。また上記のような目に見える変化の他にも、アプリのバックグラウンド動作にまつわる処理が改良され、バッテリーの消費やパフォーマンスもかなり良くなっています。詳細はこちらの記事でご確認ください。Source : KDDI

■関連記事
「ポケモンGo」にルビー・サファイアのポケモンが追加、天気と連動して地図や出現ポケモンも変化する仕組みに
Google Homeアプリで「画面のキャスト」や「デバイス一覧」をホーム画面からダイレクトに開く方法
Huawei Nova 2sとされる端末のプレス画像が流出

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。