体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【暮らし探訪】職場の同僚とシェアハウスに住む職住一体のメリットとは?

学生時代からさまざまな企画を立案しカタチにしている梶さん(29歳)。自分の「やりたい」仕事だからこそ、忙しい毎日でも楽しいという彼の、職住一体の生活を取材してみた

【暮らし探訪】職場の同僚とシェアハウスに住む職住一体のメリットとは?プロフィール

名前:梶 海斗さん
職業:株式会社ジョブライブ 代表取締役
出身地:京都府
生年月日:1988年11月15日
小学生のころの夢:宇宙飛行士
小学生時代のマイブーム:サッカー、ドッジボールルームデータ

所在地:東京都千代田区
家賃:20万円 ※4階ワンフロア分
間取り:1R(約90㎡)
築年数:40年弱間取図

間取図他人のやりたいを叶えるのが僕のやりたいこと

やりたいことを、やる。言葉にするのは簡単だが、それを実践するのは難しい。梶海斗さんは起業し、他人の「やりたい」を叶える仕事を生業としている。

梶さんが代表を務める株式会社ジョブライブの事業は大きく分けて二つある。
一つは、起業・複業のスタートアップ支援。コワーキングスペース「TOKYO PRODUCERS HOUSE(以下、プロハ)」の運営や、起業に必要な資金調達、法人登録などを手助けする。
もう一つは無人島プロジェクト。その名のとおり、無人島でのキャンプや企業研修のサポートだ。

両領域のサービスは多岐に渡るが、その根底は同じ。それは「誰かのやりたいことをカタチにする支援をしたい」という思いだ。
「実は、高校時代は自己表現が上手くできなくて……。人前に立つのが苦手で、そんな自分が嫌いでした。しかし、学外でのイベントで実行委員をしたことがきっかけで、変わることができた。自信が持てるようになり、人がやりたいことを始める『きっかけ作り』をしたいと思うようになりました」

それが原体験となって、学生時代からさまざまなイベントを手掛けた。例えば、社会活動をしている学生と明確な意思を持っていない学生のマッチングイベントを開催。学生一人ひとりに、やりたいことを見つけてもらおうとした。

無人島プロジェクトも、大学時代に端を発する。19歳の時、仲間と初めて無人島キャンプに行ったが、数を重ね「これもきっかけ作りになる」と気づく。無人島では生きるために助け合う必要があり、各々が役割を見つける。そこでの行動や普段できない経験が自分を見つめ直すきっかけとなる。
「今まで何度もいろんな方と島に行きましたが、人生の転機になった人は多い。なかには離婚を決意した人や、無人島ではありませんが島への移住を決めた人も。無人島は気づきの場として最適です」

学生時代から梶さんはやりたいことが明確だったが「マッチングビジネスの勉強がしたい」と思い、株式会社リクルートジョブズに入社。求人広告の営業マンとしてノウハウを学び、トップ営業マンとして活躍した。だが、仕事はその分忙しくなり、入社3年目の春まで自身のやりたいことができずにいた。そんな時、とある上司に背中を押されたという。
「上司も営業のスキームを知りたくてリクルートに入社した人。彼も複業をしていて、僕はすごく影響を受けました。『仕事は生きる上での手段のひとつでしかなく、働き方も自分で決められる』。そんな考えも彼の働き方から学びました」

それから会社員として働きつつ、やりたいことを複業で挑戦。「教える・学べる」のマッチングであるワークショップをはじめ、プロハや無人島プロジェクトも事業展開。それらが軌道に乗った2016年の夏、28歳で会社を退社し、現在の事業に専念し始めた。
「仕事も趣味もやりたいことは早く始めるのが大切。迷って足踏みしていては時間がもったいない!」
梶さんはそう考え、やりたいことを仕事にしたのだった。「プロハ」2階のワーキングスペース。多くのメンバーは同じビルで職住一体の暮らしを楽しんでいる

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。