体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

心も体もぽっかぽかな「手紙」がグッとくる。

心も体もぽっかぽかな「手紙」がグッとくる。

先月の「いい夫婦の日(11月22日)」に合わせて登場したのは、自分の肌で送り手の暖かさを感じられる「あったか〜い」手紙。名前はそのまんま、HOT LETTERです。使い捨てカイロに手紙を書くだけなんですが、見ているだけでなんだかホッとしてしまいます。

例えば、こんな感じ。

心も体もぽっかぽかな「手紙」がグッとくる。心も体もぽっかぽかな「手紙」がグッとくる。心も体もぽっかぽかな「手紙」がグッとくる。心も体もぽっかぽかな「手紙」がグッとくる。心も体もぽっかぽかな「手紙」がグッとくる。考案者はBlue Paddleの佐藤ねじ氏。彼の作品には遊び心があふれ、過去にもポッキーレシート、WEBブラウザのタブも手紙にしています。


こちらの特設サイトでは背景に注目。徐々に色が変わっていきます。外に出るのが億劫になる冬の朝、玄関を出る前にささっと書いて渡してあげてもいいと思います。

日常のちょっとしたプレゼントが嬉しかったりするんだよな〜。Licensed material used with permission by 佐藤ねじ Blue Puddle Inc.

関連記事リンク(外部サイト)

イギー・ポップが21歳のファンに送った、力強い「1通の手紙」
シンプルな紙で包んだ贈りものって、グッときます。
小さなカップルの「最後のハグ」にグッとくる。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy