体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NICO Touches the Walls光村、フレデリックの印象は?

NICO Touches the Walls光村、フレデリックの印象は?
J-WAVEで放送中の番組「THE KINGS PLACE」(火曜担当ナビゲーター:フレデリック)。12月5日のオンエアでは、NICO Touches the Wallsの光村龍哉(Vo&Gt)さんがゲスト出演しました!

フレデリックとNICO Touches the Wallsは所属事務所が同じ。光村さんのフレデリックの印象は「とがってた子たち」だったそう(笑)。というのもライブの打ち上げで「僕たちおもしろいことしかやりません。いろいろいますけど僕たちはおもしろいことしかできません」と、光村さんに言っていたのだとか(笑)。健司は「恐らく、もっともっと、丸い言い方で言ってます」と過去の自分たちをフォローしていました(笑)。

しかし光村さんは、フレデリックの「峠の幽霊」を聴いて「本当におもしろいことしかやってないんだな」と思い、衝撃を受けたそう。

一方のフレデリックは、大阪城ホールでのライブで、光村さんがNICO Touches the Wallsの曲「バイシクル」を弾き語りをしているのを聞いて衝撃を受けたそうです。

健司:僕らも僕らなりにいいライブをして、「先輩どうや!」みたいな感じで100%出せたんですけど、それ(弾き語り)で完全に覆されて…
光村:やっぱ大阪城ホールとかで、1人で弾き語りすると、楽しいよ。
康司:めちゃくちゃ気持ちいいでしょうね。
光村:めちゃくちゃ気持ちいいよ。
健司:今年の4月に…それこそ大阪城ホールでイベントやらせてもらった時に、「ハローグッバイ」って曲を弾き語りでやらせてもらって。それはもう本当にみっちゃんさん(光村さん)の影響でやらせてもらったんで。
光村:(歌いながら俺を)頭の片隅に置いときながら? 嬉しいねえ。
健司:「みっちゃんさん、俺、歌ってるでー!」って言いながら(笑)。
光村:いいと思うよ。どんどん健司もいいボーカリストになって、焦っちゃうっていう。
健司:僕、褒められんの大好きなんでいっぱい褒めてください。
光村:あ、わかりました(笑)。

さらに、光村さんは「フレデリックが若手で一番好き」「プロデュースしたいし、なんなら入れてほしい」とまで言うほどで、お互いにリスペクトしていることがわかりました。

そんなNICO Touches the Wallsは12月6日(水)に新作「OYSTER-EP-」をリリースしたばかり。是非チェックしましょう!

そして次週12月12日(火)は、9月の「THE KINGS PLACE LIVE vol.14」で披露した“あの曲”のライブ音源がオンエアされるそう! こちらも要チェック!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。