体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ピストン西沢がONIGAWARAに挑戦してほしいこと

ピストン西沢がONIGAWARAに挑戦してほしいこと
J-WAVEで放送中の番組「GROOVE LINE」(ナビゲーター:ピストン西沢)。12月5日(火)のオンエアでは、ONIGAWARAの竹内サティフォさんと斉藤伸也さんをゲストにお迎えしました。

まず登場するや、「M-1ぽい。お笑いぽい」と西沢にいじられる二人。

それというのもこの日、事前に打ち合わせたわけではないのに、まるで漫才師のようなペアルックのファッションになってしまった竹内さんと斉藤さん(笑)。

15歳から一緒にいるというONIGAWARAの二人は、もう18年の付き合いということで、お互いのことに関して「これ以上掘る話題はない」とのこと(笑)。と言いつつ、最近は「ダウンタウンのごっつええ感じ」の話題になると話が止まらないそうです。

そんなONIGAWARAは、12月8日(金)に通販、配信、ライブ会場限定のCD「東京SUKI・SUKIストリート」を発売します。ちなみに表題曲の「東京SUKI・SUKIストリート」はm-floの☆Taku Takahashiさんがアレンジを担当しているそうです。

さらに、同日からツアー「オニカジ〜ONIGAWARA CASUAL EXHIBITION 2017−2018〜」が始まりますが、ツアー名が「オニカジ」ということで「アイテムがいっぱいできたので、ファッションショー的な要素があるかも」と話す二人。一体どんなライブ内容なのか気になりますね。そして、西沢にはもう一点気になることがあるようで…

西沢:これは、行った先では漫才はやらないんですか?
竹内・斉藤:やらないですね(笑)。
西沢:やってみてくださいよ。
竹内:漫才ってめちゃくちゃ難しいと思いますよ!?
西沢:大丈夫。本気の人たちは、誰のファンでもないところで勝負するから厳しいけど、君たちは自分のファンの前でぬるーい漫才すればいいんだから!
竹内:(笑)。なんてこと言うんですか! 確かに普段からぬるい感じでやってますけど!

ということで、ツアーではもしかしたら漫才も飛び出すかもしれません(笑)。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GROOVE LINE」
放送日時:月・火・水・木曜 16時30分−19時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy