体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

9mm Parabellum Bullet、ジョージ・ウィリアムズ×日本工学院による『GG NEXT』で熱いライブを展開

MUSIC ON! TV×ジョージ・ウィリアムズによるライブイベント『GG』と日本工学院専門学校がタッグを組んで送る企画『GG NEXT 2017 supported by日本工学院』の第3弾イベントが11月25日(土)に日本工学院専門学校蒲田キャンパスにて行われ、9mm Parabellum Bulletが熱いライブを繰り広げた。
11月25日(土)@日本工学院専門学校蒲田キャンパス (okmusic UP's)

まず、ジョージが登場し「GG NEXT工学院へようこそ!」と、選ばれた400名の観客を盛り上げる。今回学生が製作した本日限定の缶バッチとスタッフTシャツがあり、紹介時には観客から「欲しい!」との声も上がった。また、今回のイベントでは日本工学院専門学校の学生で結成された9mm Parabellum Bulletのコピーバンド「Grasp Trigger(グラスプトリガー)」が対バンを務め、本人たちを目の前に堂々と歌い上げ、緊張を見せない圧巻の歌声と演奏に会場にいた観客たちを魅了した。

そして、待ちに待った9mm Parabellum Bulletの登場。観客は一斉に声をあげ、「サクリファイス」で会場は一気に9mm Parabellum Bulletの色に染まる。MC中に菅原卓郎(Vo.)は「9mm Parabellum Bulletの曲を違う人が演奏すると違う曲になって、改めて曲の良さを発見できた。」とGrasp Triggerへの思いを語った。また、菅原(Vo.)は「このGG NEXTで音楽を好きなってほしい。またどこかで会った時、GG NEXTのスタッフだったと声をかけて欲しい。GG NEXTを通して音楽をやりたいと思ってくれたら嬉しい。」と本編12曲を披露し、『GG NEXT』の幕を閉じた。

text by 日本工学院専門学校 蒲田キャンパス コンサート制作コース 小林美玖

photo by 橋本 塁(SOUND SHOOTER)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。