体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『リメンバー・ミー』、米国では『アナと雪の女王/家族の思い出』の上映をカットへ

映画『リメンバー・ミー』、米国では『アナと雪の女王/家族の思い出』の上映をカットへ

現在、米国で大ヒット中の『リメンバー・ミー』だが、同作品が始まる前にとっても長い”短編”の『アナと雪の女王/家族の思い出』が上映されている。ディズニー/ピクサー作品では本編の前に短編を上映することは恒例ではあるが、さすがに上映時間21分の短編(日本では22分)は長すぎたため問い合わせが殺到することとなった。しかしこれも今週限りのようだ。

情報メディア『Mashable』によれば、ディズニー/ピクサーは、全米の映画館に「非常に不評」なこの短編を予告編からカットするように指示したという。これは、観客からのクレームによるものではないかと言われているが、どうやらそうではないようだ。

映画館で働くあるRedditユーザーがディズニーからの通達をシェアしている。その内容はこうだ。「『リメンバー・ミー』上映前の、『アナと雪の女王/家族の思い出』の上映は12月7日(現地時間)をもって終了する。12月8日金曜日からは雪だるまのオラフがスクリーンに登場することはない。22分の上映時間が浮く分、可能であれば1回多く上映してくれるとありがたい」

ディズニーの担当者が『Entertainment Weekly』に語ったところによれば、『アナ雪』短編はあくまで期間限定のプロモーションとして上映されていたのだという。

短編の上映が今週で終了するとなれば、ファンの間で大きな話題になるだろう。『リメンバー・ミー』をもう一度観たいファンや、これから同作品を目当てで観る者にとっては、上映時間が22分短くなることは朗報のはずだ。

『リメンバー・ミー』と”アナ雪”最新作『アナと雪の女王/家族の思い出』は、2018年3月16日に日本公開。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『ワイルド・スピード』のキャストとファンがポール・ウォーカーの4回忌に思いを寄せる
オーランド・ブルーム、『ロード・オブ・ザ・リング』レゴラスそっくりなエマ・ストーンをからかう
フィル・ロード&クリス・ミラー監督、『ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』からの降板について口を開く
『タイタニック』ジェームズ・キャメロン監督、ジャックが生き残れた説をいまだに否定
クリスチャン・ベイル、バットマン役復帰に1億ドルオファー? 米ワーナーは噂を否定

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy