体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

瀬川あやか、初のアコースティックワンマンがスタート

瀬川あやかの初のアコースティックライヴとなる『瀬川あやかアコースティックライブ2017 東京・札幌~つないだ季節の隙間から~』が、12月3日に青山RizMにてスタートした。
12月3日@青山RizM (okmusic UP's)

今回のアコースティックライヴは“季節をつなぐ”をテーマに、東京は12月3日に青山RizMにて“春”と“夏”公演、そして札幌は12月25日に札幌ペニーレーン24にて“秋”と“冬”公演を開催。各公演、テーマとなる季節にちなんだカバー曲の弾き語りや、レアな本人未音源化曲も披露。春公演ではスピッツの「ロビンソン」のカバーと、約2年ぶりの披露となる「桜lala」を、夏公演ではYUIの「I remember you」のカバーと、「夏花火」を披露し、貴重なパフォーマンスに会場は酔いしれた。

春・夏、両公演ともソールドアウトでパンパンとなった会場は、最新シングルのカップリング曲「take a chance」やデビュー曲「夢日和」など、アコースティックライブとはいえ、アップテンポな曲で盛り上げるパフォーマンスに会場の熱気は最高潮。そして、本編最後に歌ったのは最新シングル「カレイドスコープ」。遠距離恋愛を描いたバラード曲で、普段会える時間は少ないけれど、いつも近くで応援してくれているファンに向けて、「みんなを想って大事に歌います」と涙で感謝の気持ちとともにしっとりと歌い上げ、瀬川とファンが互いに想い合う気持ちが一つとなり、会場は感動に包まれた。

この後、12月25日に地元北海道へ凱旋。札幌ペニーレーン24にて開催される“秋”“冬”公演も、どんな楽曲が披露されるのか、楽しみなところ。また当日はクリスマスということもあり、どんな演出やパフォーマンスになるのか、さらに期待が高まる。
瀬川あやかアコースティックライブ2017
瀬川あやかアコースティックライブ2017 札幌~つないだ季節の隙間から・秋~

12月25日(月) 北海道・札幌・ペニーレーン24

OPEN/START:13:45/14:15

瀬川あやかアコースティックライブ2017 札幌~つないだ季節の隙間から・秋~

12月25日(月) 北海道・札幌・ペニーレーン24

OPEN/START:16:30/17:00
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。