体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

警察が歩き方で犯人を特定する「歩容鑑定」とは

警察が歩き方で犯人を特定する「歩容鑑定」とは

警察が歩き方で犯人を特定する鑑定手法が「歩容鑑定」。歩き方には、どうやら想像以上に多種多様な情報が詰まっているようです。さらには、歩容鑑定が専門家でなくとも可能になるシステムも開発中。歩容鑑定は将来、指紋捜査並みのスタンダードな捜査手法として定着すると見られています。

歩容鑑定が数々の事件を解決に導く

歩容鑑定とは「歩き方」(歩容)をカギに、人物を特定する鑑定手法。八木康史・大阪大学産業科学研究所所長の研究成果によるものです。容疑者が歩く時の腕の振りや歩幅、姿勢、動きの非対称性などを数値化し、個人を推定します。

歩容鑑定は、たった数歩分の映像があれば鑑定可能といいますから驚きです。防犯カメラが捕らえた容疑者の歩き方からクセを解析。50mほど離れた場所に映った人物の映像からでも解析可能で、少しずつ実用化が進んでいるといいます。

実際、歩容鑑定は2009年に発生した奈良県での放火事件を皮切りに、数々の事件を解決に導いています。さらに八木教授らは世界初の歩容鑑定システムを発表。現在、科学捜査研究所がシステムの実務評価を行っています。

最新の歩容鑑定は2~3歩で解析

最新の歩容鑑定では、2~3歩ほどの映像があれば解析可能。容疑者をこっそり撮影した映像と防犯カメラ映像を合わせて鑑定するわけです。街中の防犯カメラを新型に交換するよりも実用的かもしれません。

実際、歩き方にどれくらい個性が出るのでしょう? 歩容鑑定の技術を応用した歩き方計測を見てみましょう。計測方法は簡単で、歩行路を数回往復するだけ。グリーンバックの通路を行ったり来たりする様子を定点カメラで撮影します。

歩行のシルエットから「足の運びの左右対称性・背筋の伸び・腕の前振り・腕の後ろ振り・腕の振りの左右対称性・歩幅・歩行周期・歩行速度」の8種類の要素を計測。歩行年齢まで出してくれます。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。