体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手描きアプリのPaper開発元がスライド作成アプリ「Paste」をリリース

iPadの手描きアプリといえば「Paper」。2012年のリリース以来、絶大な人気を誇っている。

このアプリの開発元Fifty Threeから、新たなアプリが出た。スライドを作成できる「Paste」だ。

・Slackで円滑にチーム作業

PasteはデジタルワークスペースのSlackを取り入れ、チーム作業がシームレスにできるのが特徴。

チームメンバーがそれぞれに作成したスライドを一カ所に持ち寄り、各人がそれぞれの端末で閲覧できるというものだ。コメントを残したり、フラッグマークをつけたりもできる。

どれを採用するか投票を行うこともできるので、実際に顔を合わせてミーティングをしなくてもスライド作品がつくれるわけだ。

・Paperからドラッグできる!

また、Paperとの連携を図れるのも売りで、Paperで作成したものをドラッグするだけでPasteに取り込んでチームと共有できる。

PaperはiPad専用だが、Paste はiPhone、iPadの両方で利用できる。ただし、iPhoneでの操作はスライドを閲覧したり、コメントを残したりといった簡単なものに向いている。

デザイン関係のチーム作業を行うのに便利なこのツール、現在は無料でお試しできる。正規利用料は1ユーザーあたり月8ドル(約900円)となっている。

Paste

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。