体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

死角なし!家を飛び回る防犯「ドローンカメラ」。

死角なし!家を飛び回る防犯「ドローンカメラ」。

ドローンが急速に普及してまだ日が浅いですが、今度はその技術を防犯カメラに用いたプロダクトが登場しました。固定式では死角が生まれてしまいそうな箇所も、この「Aire」だと……かどうかは、実際に使ってみないことには分からない。でも、SF映画のような生活にまた一歩近づいているような気分。

“360度アイ”で留守を守ります

死角なし!家を飛び回る防犯「ドローンカメラ」。

文字通り、Aireはドローンとして家中を飛び回り、遠隔地にいても360度どの角度からでも室内の様子を捉えることができる設計。従来の防犯カメラでは首は振れたとしても絶対に死角は生まれたはず。

その点、こちらは自在に飛び回ることで、家の中で何が起こっているのかをライブで見せてくれるというから、画期的。操作もスマホひとつ。自動で障害物も避けるシステムが組み込まれているんですって。

外出先で、戸締りが心配になったとき、スマホで操作してドアのところまでAireを動かして確認もできるし、ペットの様子なんかもこまめにチェックできたり。死角なし!家を飛び回る防犯「ドローンカメラ」。死角なし!家を飛び回る防犯「ドローンカメラ」。死角なし!家を飛び回る防犯「ドローンカメラ」。

存在感ありすぎ…

死角なし!家を飛び回る防犯「ドローンカメラ」。

搭載カメラでこんな使い方も。

ちゃんと普通のドローンとしての機能も。映像をライブでスマホに発信すれば、出張中の家族とも時間を共有できるでしょう。ビデオ機能もあるので、あとで動画を振り返ることも可能。死角なし!家を飛び回る防犯「ドローンカメラ」。

正直に言えば、現行のものだとまだサイズが気になりますが、防犯意識の強い人にはニーズがあるんでしょうね。そのうちすぐコンパクト版も出てきそうだし。

ちなみに、Kickstarterではちゃんと資金調達に成功していました。Licensed material used with permission by Aevena Aire

関連記事リンク(外部サイト)

監視しすぎる「防犯カメラ」
熱探知機能付き、ドローン用アクションカメラが登場
スマホを一瞬で「ちびっこ写真家カメラ」に変える方法?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。