体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画「スター・ウォーズ」の未来的テクノロジーを解明! 現代の最新科学技術でどこまで再現できるか!?

 

12月15日に公開される映画「スター・ウォーズ」シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。その公開が待ち遠しいファンが興奮するサイトが公開された。

 

題して Science and Star Wars(サイエンス&スター・ウォーズ)。その名の通り、映画「スター・ウォーズ」のなかで登場する未来的テクノロジーが、現代の最新科学技術で再現できるのか、できないのかにトライしたコンテンツ。

 

コンテンツの内容は、この動画を見ると直感的にわかるはず。

 

 

映画「スター・ウォーズ」とタッグを組み、こうしたコンテンツを仕掛たのは、IBM。

 

一発目のコンテンツ1は「ライトセーバー」を解き明かせ!

 

初回、コンテンツ1のテーマは、「ライトセーバー」。主演キャストのひとり、オビ=ワン・ケノービの言葉をかりれば、「もっと文化的だったころの繊細な武器」だ。

 

このスター・ウォーズの世界で欠かすことができない武器「ライトセーバー」が、実世界のテクノロジーでどのように再現できるか。Science and Star Warsは、そんな疑問にトライ。

 

そして再現された「ライトセーバー」で二重防火扉に穴をあけるシーンは、圧巻。ぜひ、チェックしてみて。

 

ドロイド、スピーダー、フォースパワーと続々登場!

さらに、コンテンツ2で「ドロイド」、コンテンツ3で「バクタ・タンクとカーボナイト」と続き、12月中に「スピーダー」「フォースパワー」「Robotic Limbs(義肢)」「AI(人工知能)」「Space Travel(宇宙旅行)」「ボバ・フェット」と続く予定。

 

こうした“解明コンテンツ”は、IBM Research とWatson を組み合わせて制作。Watson は、自然言語処理と機械学習を使い、大量の非構造化データから洞察していくテクノロジー・プラットフォーム。

 

そのスタジオ見学もバーチャルでイケる!

 

たとえばコンテンツ1では、テキストからユーザーのパーソナリティー(ビッグ・ファイブ、価値、ニーズ)の特徴を推測できる「性格分析(Personality Insights)」や、アプリケーションとユーザーの自然な会話を構築する「会話(Conversation)」、テキストから自然な音声を合成する「音声合成(Text to Speech)」などは Watson の技術。

 

このサイト内には、各エピソード動画の撮影で使われたセットや小道具を、バーチャル・スタジオで体験できる「バーチャル・スタジオ見学」なども公開されているので、こちらもあわせてチェックしてみて。

 


『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』Q&A
ぴあ Movie Special 2017-11-01 発売号 Fujisan.co.jpより

 

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。