体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【12/9 東京開催】傍観者であるな!楽しく始める自分らしい「イベント企画」の秘訣とは?

【12/9 東京開催】傍観者であるな!楽しく始める自分らしい「イベント企画」の秘訣とは?

何か新しいことをやりたいなとぼんやりと考える瞬間ってあると思うんです。今年もあともう少しで終わってしまうのですが、どんな年でしたか?

年始には、たぶん色々なことをやろうと意気込んだのだけれども、いつの間にか忙しい日々に流されていて、振り返ってみるとあんまり出来ていなかったなんて思う方も多いと思います。

 

自分の中で、こんなことをやろうと思っていた人は、ぜひ企画にして進めてみませんか?みなさんにご案内したい講座は

「傍観者であるな。楽しく始める自分らしいイベント企画学」です。愉快なみなさんで集まって、多くの新しいことを作って行きたいと思います。

今回、イベント中に大切にする考えは、

◉とにかく始めること
◉みんなの経験を組み合わせること
◉作り上げる楽しさを感じる
◉1人では出来ないことを知る
◉自分らしいことはなにか?
◉シェアをすることの楽しさを知る
◉旅は好き

このように思ってます。

この場から何かがうまれて、始まるような場になればと思います。自由な雰囲気の中で色々考えて、実行までしましょう。僕自身、年間100回程度イベントを開催しているので、過去の企画の話もしながら進めていこうと思います。

楽しく、充実した時間を過ごしましょう!

 

今回の旅大学って?


年間に100回以上、旅をテーマにしたイベント「旅大学」を企画する学長の恩田が担当をする「イベント学」です。

「イベント学」というのは、あまり世の中には無いんじゃないかと思います。大切にしたいことは「みんなで考えて、実行すること」です。話を聞いてよかったな、という所で終わるのではなくて、しっかり企画・実行まで進めていきたいと思います。

 

雰囲気はですね、気軽な感じでやろうと思ってます。もし、固くなっていたらみんなで和やかに進めていきましょう。僕にも注意してくださいね。募集人数は、20名くらいの少人数の予定です。みんなで名前と顔を覚えてコミュニケーションを濃くとっていきます。

どんなメンバーが集まるかは、もちろん僕にも分かりません。ただ、ここに集まる素敵なみなさんと一緒に、楽しい企画ができることを楽しみにしてます。

4時間と長いイベントですが、どうぞよろしくお願いします。

【12/9 東京開催】傍観者であるな!楽しく始める自分らしい「イベント企画」の秘訣とは?

 

どんなことが特徴なの?

旅大学は、旅が好きな人がよく集まり、気さくに話す人が多いように思います。初対面同士でも、どんどん気軽に意見していける雰囲気にします。

今回はレクチャー&ワークショップ形式です。後半は、実際にイベントの企画をして発表になります。1人ではできないことが、他の人も集まるとどんどん動いていきます。

真剣に、そして楽しくやっていく予定です。

どんなことを考えるの?

・イベントの価値はなにか?
・イベントの始め方は?
・企画をする際って何が大切?
・自分が何を大切にしたいのか?
・面白さはなにか?

などなどです。イベントについてはもちろん、自分自身についても考える時間をとります。

ゲストは、どんな人?


プロフィール:
1987年生まれ。新潟出身。慶応卒。商社勤務後に、世界一周を行う。好きなことは、学び、イベント企画、お酒、ポエムが好き。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。