体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガチでマジな鉄道技術見本市「鉄道技術展2017」を“にわか鉄ヲタ的視点”で見る

鉄道ファンも唸るほどの、ガチでマジメな技術見本市がある―――。

 

千葉・幕張メッセで11月29日~12月1日、第5回鉄道技術展2017 Mass-Trans Innovation Japan 2017 が行われ、525社・団体が、自社技術やビジョンを披露。

 

3日間で約3万人を動員したガチな鉄道技術の見本市を、にわか鉄オタ的視点でザーッと見てみよう。

 

 

東鉄工業のREXSレール交換システムHOスケールモデル。JR東日本新幹線 鷲宮保守基地にいる新幹線レール交換用機材を、「この展示のために、3Dプリンターでつくった」という自作モノ。

 

 

三菱電機のフルフラットパネル運転台。前後レバーとマスコン以外はすべてフラットパネルのLED表示。上面は緩やかに湾曲している。

  

総合車両製作所の次世代ステンレス製通勤車両「sustina」。出入口開口周囲の水密接溶接や、レーザースポット溶接、外板付合わせ溶接+研磨といった技術を紹介。

  

Nabtescoのサイネージ組込式透過型ホームドア。ホームドア横に32インチデジタルサイネージをつけ、列車情報や広告などを表示するという。

  

ジェイアール西日本テクノスの乗務員支援用端末。紙ベースのかさばるマニュアル類や規程類を電子化しiPadに。

  五光製作所のGOCO-PEタンクシステム。列車内トイレに必要な水タンク・汚物タンク・制御盤などを床上ユニットに集約。 

オムロンの生体認証自動改札機。銀行ATMの手のひら認証と同じように、手をかざすだけで自動改札ゲートが開くというコンセプトモデル。

  
1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。