体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

浅葱(D)、V系レジェンド多数参加のソロアルバム発表

2018年にメジャーデビュー10周年を迎えるビジュアル系バンドDが、メジャーデビューから在籍していたavex内のレーベル<HPQ>より、浅葱(Vo)の初ソロアルバム『斑』(まだら)をリリースすることを発表した。
浅葱 (okmusic UP's)

“和”をコンセプトに制作された同作は、真矢(LUNA SEA)、千聖(PENICILLIN / Crack6)、人時(黒夢 / Creature Creature)、you(Janne Da Arc)、HIRO(La’cryma Christi / Creature Creature)らヴィジュアル系のレジェンドアーティストが多数参加。豪華な内容の1枚になっている。

<HPQ>は過去にLUNA SEA、GACKT、聖飢魔II、河村隆一、NIGHTMAREなどが在籍、リリースしていたレーベルで、D自身も2008年5月に「BIRTH」でメジャーデビューを果たしている。なお、2018年内にバンドとしての作品のリリースも控えているとのこと。
【浅葱 コメント】

僕のアーティスト人生の中でも、予てより和を重んじる楽曲は作ってきましたが、今回は初の和コンセプトフルアルバムとして打ち出していきたいと思います。日本古来より語り継がれてきた伝承や歴史に、自分ならではの趣向を凝らし、新たな物語を創り出すことを目指しています。古きものであれ、それが色褪せることなく、輝き続けることができるのは人の心を動かすからです。僅かな言葉に込められた意味の深さ、先祖より伝わる遺伝子を振るわせる音の重なり。今回のメイン曲である「月界の御子」は誰もが一度は読んだことがあるであろう“竹取物語”の世界に関連しています。かぐや姫の子孫を主人公に、過去から現代へ、そして現代から未来へと繋がる絵巻物のような曲が生まれました。古典的で雅やかでありながらも、新しい風を吹き込む、それが今回の目標です。伝承や歴史の記述は多く残されておらず、竹取物語に関しては作者不詳でもあります。そこから新たな糸を紡ぎ、新たな物語を織り成す喜び。アルバムは全曲通して「和」がテーマですが、一曲ごとに深い物語と異なる色をもたせ、その曲がすべて集まった時に満開の花が開くのでしょう。自分の人生の中で初の試みというのは、いくつになっても胸が高鳴ります。前回のシングルに続き、敬愛する諸先輩の皆さんや仲間の力をお借りしつつ、自分が持つ最大限の力でまだ誰も見たことのない美しい景色を創り出したいと思います。またアルバムタイトルである「斑」ですが、これは日本の伝統色が彼方此方に鏤められているような作品にしたいという気持ちから付けました。そしてアルバム収録曲である「アサギマダラ」は自らの名である“浅葱”と共に、作品を締めくくるに相応しい曲です。それぞれの楽曲が異なる耀きを放ちながら、他にはない自分という人間の心を表現できたと思います。過去でも未来でもない、これが僕の伝えたい「今」です。
アルバム『斑』
2018年1月31日発売

【CD+DVD】

YICQ-10401/B/¥4,000+税

<収録曲>

■CD

※曲順未定 全13曲

天地(あめつち)行き来る小船

月界の御子

畏き海へ帰りゃんせ

花雲の乱

隠桜(おぬざくら)

螢火

大豺嶽(おおやまいぬだけ)~月夜(つくよ)に吠ゆ~

雲の通ひ路

白面金毛九尾の狐火玉

鬼眼羅(きめら)

冬椿 ~白妙の化人~

物の怪草子

アサギマダラ

■DVD

DVD-1.月界の御子 (Music Video)

DVD-2.月界の御子 (Music Video with lyrics)

DVD-3.月界の御子 (Music Video Making)

【CD】

YICQ-10402/¥3,000+税

<収録曲>

※曲順未定 全14曲

天地(あめつち)行き来る小船

月界の御子

畏き海へ帰りゃんせ

花雲の乱

隠桜(おぬざくら)

螢火

大豺嶽(おおやまいぬだけ)~月夜(つくよ)に吠ゆ~

雲の通ひ路

白面金毛九尾の狐火玉

鬼眼羅(きめら)

冬椿 ~白妙の化人~

妖刀玉兎(※通常盤のみ収録)

物の怪草子

アサギマダラ

【アルバム『斑』参加アーティスト】
aie(the god and death stars / gibkiy gibkiy gibkiy / THE MADCAP LAUGHS / KEEL)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。