体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エド・シーラン、ビヨンセとのデュエットの裏話を披露「今までずっと持ち続けてた」

エド・シーラン、ビヨンセとのデュエットの裏話を披露「今までずっと持ち続けてた」

 2017年12月1日に米ロサンゼルスで開催されたコンサート・イベント【iHeartRadio Jingle Ball】に出演したエド・シーランが、「パーフェクト」でビヨンセとのデュエットが実現した経緯についてエンターテイメント・トゥナイトに明かした。

 彼によると、「パーフェクト」は元々アコースティック・ギターだけの曲だったらしいが、デュエットが決まりビヨンセが自分のパートをレコーディングした際、「あなたがどう思うか分からないけど、楽器を全部外させてもらってアコギだけにしたわ」と電話で連絡してきたそうだ。シーランは喜び、「あ、それ最高。元々そうだったから!」と伝えたと話している。

 スタジオでは4時間程話し合ってからビヨンセがボーカルを録音したそうだが、「入って、ワンテイクで出てきた」と彼は明かしている。

 実際のレコーディングはワンテイクで決めたビヨンセだが、作品の完成までは紆余曲折あったそうだ。二人の“パーフェクト”なデュエットは12月1日にリリースされたが、やりとりは5月から始まっていて「言うまでもないけど、彼女が双子を出産して(6月)、(曲が)完成したのが9月だったから、今までずっと持ち続けてたんだよ」と彼は説明している。

 また、最初に連絡を取るのも難しく、「メールするんだけど、そのアドレスが毎週変わるんだ」となかなかメールがうまく届かなかったらしいが、一度繋がってからは電話でやりとりをしていたそうだ。

関連記事リンク(外部サイト)

エド・シーラン、ビヨンセとデュエットした「パーフェクト」の新ver.を公開
ザ・チェインスモーカーズ、エド・シーラン/1Dナイル/ロジックとの豪華5ショットを公開
エド・シーラン、【グラミー賞】主要部門のノミネートを逃したことに言及「今年は自分の年じゃなかった」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy