体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【憧れシゴト図鑑】SKY-HIの魅力を引き出しシャッターを切る 新進気鋭のカメラマン・畑 聡さんインタビュー

【憧れシゴト図鑑】SKY-HIの魅力を引き出しシャッターを切る 新進気鋭のカメラマン・畑 聡さんインタビュー 畑聡 SKY-HI go!go!vanillas Miracle Vell Magic カメラマン ライブ 憧れシゴト図鑑 アパレル バイト パート フロムエーしよ 畑聡 SKY-HI go!go!vanillas Miracle Vell Magic カメラマン ライブ 憧れシゴト図鑑 アパレル バイト パート フロムエーしよ

SKY-HIを始め、go!go!vanillasやMiracle Vell Magicといったアーティストのライブ写真を中心に撮影しているカメラマンの畑聡さん。どうしたらアーティストの最高の一瞬を切り取れるのか――。 レンズの向こうに広がる未来を見据えながらシャッターを切り続ける彼に、仕事へのプライド、今の立ち位置を築くまでの経緯について、じっくりと語ってもらった。

センスだけで勝負しているわけではありません

畑聡 SKY-HI go!go!vanillas Miracle Vell Magic カメラマン ライブ 憧れシゴト図鑑 アパレル バイト パート フロムエーしよ畑さんが撮影したSKY-HIの写真

――カメラマンとしてはまだ新人といえる畑さんが注目を集めるようになったキッカケの1つは、SKY-HIのライブ写真だった。

「カメラマンというと“依頼された通りの写真を撮る”とか“自分のセンスに従って撮る”っていうイメージを持つ人もいると思うんですが、僕の場合は少し違っていて。そのアーティストを世に広めていく方法を考えて、それをアーティストと共有しているから仕事ができていると思っています。たとえば、ライブ写真や現場のメイキングを撮らせていただく時に、彼らの行動とか言葉、目線や話し方を見ながら、“今何を求めているのか?”を感じ取る。その上で、“じゃあ何を提案してあげたらいいのか?”を意識して仕事しています。だから、自分のセンスは二の次というか。もちろん、最終的にはそこも含めての作品なんですけど、センスだけで勝負しているわけではないんです」

――しかし、忙しなく動き続けるライブ中のアーティストをカメラに押さえるのは、それだけでも至難の業。だからこそ、「事前にセットリストを見ながら会場の雰囲気を想像し、どう撮影するのがベストなのかを考えることが大事」と畑さん。そう語ると、試行錯誤の末に生まれたという自信作(写真:下)を見せてくれた。畑聡 SKY-HI go!go!vanillas Miracle Vell Magic カメラマン ライブ 憧れシゴト図鑑 アパレル バイト パート フロムエーしよライブ中にステージに上がってシャッターを切った1枚

「SKY-HIは10年近くヒップホップのアーティストとして活動してますが、“最初の頃は5人ぐらいしかお客さんがいなかった”って、彼は常々言っているんですよ。でも、そんな彼が今年、武道館でのライブでは2日間で約1万5000人ものお客さんを動員して…。その時、“ここでライブをするからにはどうしても撮りたい写真がある”っていう話を、現場監督やマネージャー、SKY-HI本人にもさせてもらって、この写真を撮らせてもらったんです。ライブ中のステージに上がって撮影するのは、タイミングを含めてすごく難しいんですよ。限られた時間の中で数秒間を授かり、頭に描いたイメージの風景を撮る…。この写真は、彼やファンが紡いだ10年とその未来を描くものだと確信したから撮れた1枚です。だからSKY-HIがこの写真を見て“この景色が見たかったんだ”って言ってくれて、すごく嬉しかったですね。“とんでもなく図々しいカメラマンだけど、最高だよ”とも言われましたが(笑)」

アパレルからの転身。SKY-HIがキッカケにプロカメラマンの道へ

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。