体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【シーズン到来】お前らバイク乗れバイク。捗るぞ。Pt.1

Q.どんなバイクがあるんだよ氏ね。

A.バイクは大きく分けて、ネイキッド、アメリカン、クラシック、レプリカ、オフロードなどに分けられます。

第一回の今回はザラッとその種類別の特徴を解説します。

まずはネイキッド

【シーズン到来】お前らバイク乗れバイク。捗るぞ。Pt.1

最もバイクらしいバイクと言えるでしょう。

ネイキッド=裸の意味のまんま無駄にカウル(外装)をつけたりはしていません。

どんな人でも乗りやすいスタンダードなツーリングタイプといえるでしょう。

主な種類としては「ホンダCB400スーパーフォア(画像)」「スズキ バンディット」「カワサキ ZRX400」などがあります。

アメリカン

【シーズン到来】お前らバイク乗れバイク。捗るぞ。Pt.1

どっしりとした車体。周りを圧倒する爆音。

迫力満点なのがアメリカンの特徴。

エンジンの振動という鼓動を味わいながらまったり海岸線なんか流した日には最高でしょう。

主な種類としては「ハーレーダビッドソンVRSC(画像)」「ヤマハ ドラッグスター」「ホンダ ゴールドウィング」などなど。

クラシック

【シーズン到来】お前らバイク乗れバイク。捗るぞ。Pt.1

テッテ♪テッテーテテッテ♪

刑務所から脱走する某映画に出てくるような古いレトロなスタイルを楽しむのがクラシック。

ネイキッドと同じで無駄なカウルがなく、ネイキッドより車高が低くまったりした走りが楽しめます。

体格の小さな方、女性にも人気のようです。

主な種類は「トライアンフ ボンネビル(画像)」「カワサキ Wシリーズ」「ヤマハ SR400」などなど。

オフロード

【シーズン到来】お前らバイク乗れバイク。捗るぞ。Pt.1

「道なんて車でも走れらぁ!!俺は道無き道をゆく!!」

そんなあなたはオフロード。

読んで字の如く道無き道をゆくのが楽しみなバイク。

モトクロスなど競技車両としての車体でもあるのでカスタム等楽しみ方が広いのも特徴。

主な車種は「ヤマハ セロー(画像)」「ホンダ FTR」「カワサキ TW」などなど。

レーサーレプリカ

【シーズン到来】お前らバイク乗れバイク。捗るぞ。Pt.1

バイクは速さ。遅いバイクなど興味はない。

そんな方はレーサーレプリカ。

大型のレプリカはリッターSS(スーパースポーツ)などとも呼ばれます。

レプリカのような形で長距離高速巡航などを目的とした種類をツアラー等といったりもします。

峠を攻める楽しさ、高速道路をぶっ飛ばっす楽しみなどがあるバイクです。

主な種類は「スズキ GSXシリーズ(画像)」「ホンダCBRシリーズ」など

会社だとドゥカティなどが結構作ってます。

ざっと紹介するとこんな感じ。

バイクなんて一目惚れで決め手買っちゃえばいいのです。

そこから「あ、修理が必要!!」などが出てきて愛着が沸くもの。

このざっくりすぎる紹介が誰かのバイクライフの引き金になればいいです。

次回はバイクの一般的な装備など解説できたらなぁと思ってます。

書くのって案外ダルいな・・・
※この記事はGAGAZINEさんよりご寄稿いただいたものです

生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。