体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゲストハウスやホテルに飽きた人へ。「お城」に泊まるという新しい選択肢

こんにちは、世界一周から帰国したGGです。現在は医学部生活の隙間を縫い、日本で自分の持て余している気持ちを週末アウトドアにぶつけています。

 

さて、みなさんは海外旅行の宿というとどのようなイメージをお持ちでしょうか?貧乏バックパッカーならゲストハウスやユースホステル、旅行ならリゾートホテルなどを思い浮かべる人が多いと思います。

いつも同じようなホテルで少し飽きてきてしまったというあなた、海外でお城に泊まってみてはいかがでしょうか!

今回はスペインのお宿事情に絡めてお話しさせていただきます。

 

スペインには国営のホテルがある⁉︎

photo by Shutterstock

スペインには、国が運営しているホテルが存在します。それもただのホテルではなく、古い城や修道院などの歴史的価値のある建造物を国が引き取り、修繕・管理しています。

photo by Shutterstock

もうお察しの人もいると思いますが、このパラドールを利用することでお城に泊まることができるのです!

他にも世界遺産の街に建てられているパラドールや、自然公園の中に建てられているパラドールなどもあり、一つ一つに魅力があると言っても過言ではないでしょう。

 

予約ってどうするの?

国営のホテルと聞いて、少し堅苦しいなと感じる人もいるかもしれません。しかし、このパラドールは、一般的なホテル予約のスマホアプリにて予約することができます!

photo by Shutterstock

私が泊まる時に使ったのは「Hotels.com」というアプリでした。

その手続きは、他のホテルに泊まるためのものと変わらないので、難しく考える必要はありません。普段のホテル予約と変わらない手間で、お城に泊まれるなんて、泊まってみるまで想像もしませんでした!

 

実際にお城に泊まるって?

体験してみたお城の宿泊は、とにかく快適で気分良く過ごせました!もちろん、ホテルの内装はお城そのものです。

photo by Shutterstock

昔の建築方法で建てられたお城は、その中にいるだけで荘厳な雰囲気に圧倒されてしまいます。

庭園では当時の生活を思い出しながら優雅な気持ちに浸るのもよし、ディナーのホールでは昔はヨーロッパの階級の高い人々がダンスを踊っていたのかな、なんて考えながら過ごすのも趣深いですね。

パラドールに泊まる際には、景色や風景も一つの楽しみとして置くのも良いでしょう!そもそも、お城を建てる一つの条件として、高台の上であるということが大切なようです。これには攻め込まれにくさなどの理由があるようですが、そのお城がホテルに変わってみると絶景ポイントとなります!

photo by GG

窓から見えるこの景色、いかがでしょうか!

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。