体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シドニーから飛行機で1時間!オーストラリアの良いところを凝縮した「タスマニア」とは?

シドニーから飛行機で1時間!オーストラリアの良いところを凝縮した「タスマニア」とは?

日本の20倍もの面積のオーストラリア。その大きなオーストリア大陸のメルボルンの下辺りに位置するタスマニアをご存知ですか?地図では小さくみえますが、北海道程の大きさです。

オーストリアをほぼ一周した私からすると、タスマニアはオーストリア大陸の縮小版!どのような感じに縮小されているのか、お伝えしていきます!

 

1.緑豊かな東側

Photo by Yuki

オーストリア大陸ケアンズ〜シドニーは山、川があり緑豊かで、国立公園などもある程度整備されている印象。

タスマニアの東側も緑豊かで、観光地が多く、ある程度整備されています。

 

世界遺産フレシネ国立公園

タスマニア フレシネ国立公園

Photo by Yuki

このワイングラスベイは世界でも有数の美しいビーチとして知られています。整備されたウォーキングコースを登りると、展望台から美しい曲線の湾と真っ白なビーチ、真っ青な海が眼下に広がります。時間がある方は下って泳ぐことも可能です。

 

ポートアーサー

Photo by Yuki

世界最南端の刑務所跡があります。ここはタスマン半島とタスマニア本島は100mに満たない細長い陸路で繋がっていて、さらに周りはサメが出没する海域だったために「脱獄不可能の究極の刑務所」と言われ、犯罪者の中でも極悪な囚人が連れてこられて働いたところです。

そうとは思えないほど自然豊かな場所で、世界遺産にも登録されています。史跡を見学したり、ボートツアーに参加したりすることもできます。

 

2.手つかずの自然西側

Photo by Yuki

オーストラリア大陸の西側は、砂漠地帯だったり岩場が多かったりと手つかずの自然の宝庫。タスマニアの西側も見所として有名なところは少ないですが、大自然が感じられる場所がいくつかあります!

 

ザ ナッツ

Daphne Tangさん(@yt_tang)がシェアした投稿 – 2016 12月 12 11:37午前 PST

こちらはタスマニアのウルルと言われているところです。遠くから見ればウルルに…見えますよね?周りの海もとてもきれいです。

 

世界遺産クレイドルマウンテンとセント・クレア湖

Photo by Yuki

タスマニアに行ったとなれば多くの人が訪れるこちらこそ、オーストラリアのウルルのような存在。

最後の氷河期に氷河の力によって形作られたこの国立公園にそびえる山と、それを写すドブ湖の美しさに、何度も足を運ぶ人も多いのだとか。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。