体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【南米特集スタート!】第一弾はマチュピチュ・ウユニ塩湖・イグアスの滝の魅力を大公開

南米大陸。そこは、多くの旅好きが一度は訪れたいと憧れる「魅惑の大陸」です。

私、TABIPPOの小泉翔も、8年前に初めてバックパックを背負って南米大陸を旅したあの日からその魅力に捕らわれ、今でも逃れることができません。

何度、訪れても新しい発見と行きたい観光地が増えていく、まさに旅心をくすぐられる、魅惑の大陸なのです。

感動で涙した天空を大地に映し出す「ウユニ塩湖」、優しい表情で旅人を迎える「イースター島のモアイ像と原住民の人々」、リオで体感した「世界一情熱的なサンバのリズム」、世界最大の湿地帯「パンタナールで出会った奇妙な動物」たち。

きっと一生忘れることのできない、旅人としての人生のハイライトです。

photo by Sho Koizumi

世界一周の旅を経験した旅人たちもみな口を揃えて語り出す南米大陸の魅力の数々を、南米最大のネットワーク誇るラタム航空のサポートのもと、全5回に分けてお伝えしていくことになりました。ラタム航空は、日本航空との共同運航便にて北米経由、南米まで運航しています。

第一回である今回は、バックパック旅行で是非とも行って頂きたい王道の超絶景コース、ペルーのマチュピチュ遺跡、ボリビアのウユニ塩湖、アルゼンチンとブラジルの国境をまたぐイグアスの滝をご紹介していきます。

旅を愛する多くの方々に、南米旅行への一歩を踏み出して頂けますように。

 

不安を抱きがちな、南米への旅

photo by Sho Koizumi

治安に関する懸念や日本からの物理的な距離、航空券の費用などの問題から、南米は旅行するにはハードルが高いと感じる方も多いと思います。

しかし、これだけは断言させて頂きたいんです。「それでも確実に、行く価値がある」と。

実際に日本に比べて治安が悪い国や地域もありますが、南米を一括りに考えることはできません。

また「極力一人で街を出歩かないこと」「危険と言われている地域に絶対に足を踏み入れない」「派手目な格好、高価なものを持って出歩かない」ことなど徹底することが非常に大切で、成人女性一人で南米を旅している人も実際にたくさんいます。

ブラジルのサンパウロやリオ・デ・ジャネイロ、アルゼンチンのブエノスアイレス、チリのサンチャゴやイースター島など大都市は日本と同等の物価と考えておく必要があります。

しかしそれら大都市を除くと、宿や食事などの物価はどの国も日本より圧倒的に安く、コストを抑えた旅をすることもできます。

photo by Sho Koizumi

言語はブラジルのみポルトガル語、他の南米諸国はスペイン語が第一言語となります。しかし、基本的には空港や大型バスターミナル、ツアー会社などでは英語でチケット購入など済ますことができます。

南米大陸内での都市間の主な移動手段は飛行機もしくは長距離バスで、まさに南米最大のネットワークを持つラタム航空、日本では滅多にお目にかかれないスケールの綺麗な長距離バスは旅人の移動を想像以上に快適なものにしてくれます。

しっかりとした下調べと事前準備を怠らなければ、南米の旅はきっと安心で楽しいものになるはずです。

 

天空都市、マチュピチュ遺跡

1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。