体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

10日間でモロッコを満喫しよう!世界一周中の僕らがおすすめの周遊ルートを大公開

10日間でモロッコを満喫しよう!世界一周中の僕らがおすすめの周遊ルートを大公開

こんにちは。TABBIPO世界一周ゼミ生で、6月1日より夫婦でハネムーン世界一周に出発している前田夫妻です。8ヶ月を予定していた旅も残すところ3ヶ月となり、現在は南米大陸へと入りました。今回は、私たちがこれまでの旅の中で最も長く滞在した国「モロッコ」について。
 
私たちがモロッコを周遊するにあたって多くの時間を使って調べ、悩んで決めたルート。今回は、自分たちが実際に訪れた際に感じた魅力を交えながら勧める「モロッコ10日間周遊ルート」を紹介します。
 

モロッコとは

モロッコはアフリカ北西部に位置し、日本よりも少し大きな国土をもつ国です。都市の様子は国土の大きく隔てるアトラス山脈で分かれ、アトラス山脈の北西部がマラケシュやフェズなどの都市圏で地中海性気候。

山脈の南東部がメルズーガやティネリールなどからなる砂漠気候の地帯となっています。

それでは、モロッコの地理を確認しながら10日間で周遊するルートを紹介していきます!
 

1日目 カサブランカ

モロッコにはフェズやマラケシュ、タンジェなど、いくつかの玄関口となる空港がありますが、その中でもカサブランカの空港がよく使われます。陸路では、スペインのアルヘシラスから船でタンジェやセウタに入国し、カサブランカへと移動することもできます。
 

 
カサブランカの見所は何といっても「ハッサン2世モスク」。世界で3番目に大きいモスクと聞いた上で訪れた僕たちも、その大きさには圧倒されました。

また、素晴らしいのはその大きさだけではありません。きめ細かく美しい装飾も是非堪能してください。カサブランカはモロッコの中でも首都ラバトに次ぐ人口を抱える都市。モスクを見学した後はメディナ(旧市街)へと足を伸ばし、その活気を味わってみてください。
 

2.3日目 マラケシュ


 
カサブランカから南西に向かってバスで約5時間のところに位置するのが「買い物天国」と呼ばれるマラケシュ。ひとたびメディナに入れば、所狭しと立ち並ぶお店の多さに驚くこと間違いなし!

しかもお土産は低価格の上にハイクオリティー!これからモロッコで過ごすための服や雑貨を買うのもよし。家族や友人にむけてお土産選びをするのもよし。買い物に時間を割くのはマラケシュならではの時間の使い方です。
 

 
買い物を満喫した後は、是非「フナ広場」へ!何かお祭りをやっているの?と感じてしまうほど、連日地元の人や観光客で賑わっています。
 

モロッコの人は少しではありますが、日本語を話せる人がとても多いです。露天街を歩くと日本語でたくさんの客引きから声をかけられます。私たちはブルゾンちえみの「35億」をレパートリーに加えて客引きをしてきた店員さんに根負けしてお店に入りました。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。