体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

沖縄の外国人住宅カフェで出会った、優しいオーナー夫妻と、ときどきネコ。

沖縄の外国人住宅カフェで出会った、優しいオーナー夫妻と、ときどきネコ。

カフェであり、雑貨屋さんでもあり、撮影スタジオでもあり——。そんな空間を沖縄で見つけました。

外国人住宅をリノベしている「わわcafE」は、立ち寄るだけでも癒されるお店です。ステキな笑顔で迎えてくれたのは、micciさんとsakuraさん(と看板猫の、とら)。

7年前に東京から移住してきたそうです。

念願の外国人住宅で。

沖縄の外国人住宅カフェで出会った、優しいオーナー夫妻と、ときどきネコ。左:とらを抱く店主のsakuraさん 右:代表のmicciさん

そう聞いて思ったのは、「きっと東京にいる頃から何度も沖縄に通っていたんだろうな」ということ。でも返ってきたのは意外な答え。

「じつは1回なんです。そのときの体験があまりに強烈で、本気でここに住みたいと思いました」

むしろ大変だったのは、物件探し。外国人住宅は人気もあり、基本的には順番待ち。奇跡的に空きが出て、この北谷の町に決まったそうです。

「那覇からも近いですし、西海岸エリアもすぐ。すごくラッキーでした」

沖縄の外国人住宅カフェで出会った、優しいオーナー夫妻と、ときどきネコ。

「わわcafE」の特徴をシンプルに説明すると、カフェ×雑貨×スタジオである、ということなんですが、僕が感じた3つの魅力ポイントも加えさせてください。

わわライス
とら
アンティーク

沖縄の外国人住宅カフェで出会った、優しいオーナー夫妻と、ときどきネコ。

その1。

特製の醤油ダレをかけていただく「わわライス」は、辛いのが苦手な女性にも人気な、和風のタコライス。

ちなみに、コーヒーカップは好みに合わせて自分で選べるので、撮影しておきたいところ。沖縄の外国人住宅カフェで出会った、優しいオーナー夫妻と、ときどきネコ。

その2。

「せんむ」という大切な役割もこなす猫「とら」。今では雑誌の表紙を飾ったり、関連グッズが完売したり、とら目当てのお客さんがいたりと大人気ですが、じつはこのお店ができたばかりの頃、まさに捨てられていく瞬間を見かけてしまったのが出逢いのきっかけだったそう。沖縄の外国人住宅カフェで出会った、優しいオーナー夫妻と、ときどきネコ。沖縄の外国人住宅カフェで出会った、優しいオーナー夫妻と、ときどきネコ。
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。