体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

離乳食初期に重宝する食器って?楽しい時間にするために吟味して選び抜いた

f:id:akasuguope01:20170824180848j:plain

離乳食の時期になると悩んだのが、始める時期とメニューと食器でした。

最初にものすごく悩んだのが始める時期。早く始めるべきという人もいれば遅いほうがいいという人もいるのですが、私の母は遅く始めるべきという意見の人でした。一方義母さんは自分たちと子供のタイミングでいいんじゃない?と言ってくれる人。

私や夫には特に食べ物のアレルギーがあるわけではないですが、私の父方のいとこは皆、アトピーと喘息をもっているので、遺伝的に可能性があるので心配になっていました。

そんな中4ヶ月になり来月から始めるか悩んでいたタイミングでたまたま手に取った育児書にアレルギーの話が載っていて、離乳食を早めに与えた方がアトピーや喘息になりづらいというメリットが書いてありました。

それをもとに母を説得し、次男の行動と合わせて結局4ヶ月の終わりから始めることにしました。そして、メニューは育児書をそのまま参考にしようと、悩むことをやめました。 関連記事:これだけあれば買い足す必要なし。出産祝いでもらった離乳食の食器セットが優秀すぎた

次の悩みは食器です。

器は陶器にするか、プラスチックにするか、ナチュラルに木という選択肢もあります。スプーンも形状がたくさんありすぎてどれを選べばいいか、器はどんな形状のものが使い勝手がいいのか……。

本当に種類がありすぎて悩むのも嫌になってきたところでしたが、ここをクリアしないと無駄にスプーンや食器が増えてしまい困るので真剣に考えました。

まずは、スプーンは長く使うことも考えて、初期のものは飛び越し、中期用の持ち手が波の形状のものを購入しました。これを自宅用にし、外出時用は口に当たる部分がシリコンのものを用意。もちろんケース付きです。フォークはまだまだ先なので、今回は買いませんでした。

次に器です。我が家は、食洗器対応のポリプロピレンのものを集めました。最初の頃はドロっとした形状の食べ物が多いので、浅く平らなものよりも深く底に丸みがあるものが必要だと思いました。

とある日のメニューと器の形ですが、裏ごしおかゆを両取っ手つきの深めのカップに。これは今後お味噌汁などを飲むときにも使えると思って購入したものです。

コーンスープは深めのボールタイプに。これは今後、ごはん用の茶碗にかわるだろうと思っています。

うらごしたリンゴは深さもある底が平らな器に。これは今後おかずやデザートを入れる予定です。

これ以外にもワンプレート用に1枚が3か所に分かれているものと、平らな持ち手がついた丸いプレートも購入しました。

コップをセットで購入してあるので、これで当分追加の心配ないなと思っています。

最後に、最もこだわったのは、ママが気に入っている色やキャラクターのものかということです。ただでさえ手のかかる離乳食。自分が気に入ったものを使ったほうがママの気分もよくなって、赤ちゃんが少しくらいぐずって食べてくれなくても明日こそは!と頑張るきっかけになるような気がします。

私もまた明日楽しんで離乳食タイムに励みます。 関連記事:食べると動く…目を離した隙に落とす…どんなベビー食器がいいの? 尽きない<離乳食の悩み> by 眉屋まゆこ

f:id:akasuguope01:20170816160258j:plain

著者:杏結ママ

年齢:31歳

子どもの年齢:8歳、4ヵ月

中身が子供みたいに自分中心なパパ、忘れ物大魔王な小学生の長男と8歳違いの家族のアイドル次男、デグー4匹、猫1匹、犬1匹、そして毎日何かで怒ってるママの大家族です。 毎日何かしら事件が起きて笑ったり泣いたり怒ったりと喜怒哀楽の激しい我が家ですが、色々な事件を乗り越え一致団結して過ごしてます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

悩ましい赤ちゃんのベッド問題。ベビーベッドは必要か否か!?
育児グッズじゃないけど強くオススメしたい!乳幼児ママの強い味方○○バッグ by ぴよととなつき
用意していたベビーバスが使えないハプニング発生!急遽実家の倉庫から出てきたのは…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。