体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高層レストランを舞台にした大人のストーリー

高層レストランを舞台にした大人のストーリー
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)で期間限定で始まった新コーナー「TABLE 9 TOKYO EIGHT STORIES」。

羽田空港、成田空港へのアクセス、新幹線の乗車駅として、そして首都圏のあらゆる場所へつながる品川を起点に、ビジネスやホリデー、それぞれの理由で旅をしている8人の架空のショートストーリーをお届けします。

初日となる12月4日(月)のオンエアは、「プロセッコ」「ベネチア」「パリ」「東京」をキーワードにしたストーリーです。

++++

高層ホテルの最上階にあるレストランとバーのスペース。新しくオープンしたばかりの店内は、とてもにぎわっています。特に予約をしていなかった私はバーカウンターに案内されましたが、そこでも食事はできるし、そこからは店内全体と、ガラス窓の向こうに広がる東京のスカイラインと、すべてを眺めることができて、むしろ特等席。

夜の最初はスパークリングと決めているので、プロセッコを頼みました。実は前から、スプマンテとの違いがよくわからず、外国人のバーテンダーに聞いてみると、偶然にも彼はイタリア人。

彼いわく、イタリアのスパークリングワインの全体がスプマンテ。プロセッコはその中でも北イタリア、ベネト州で作られているグレーラ種のブドウを使ったもの。さらにプロセッコには、3種類あり、それぞれ味わいに違いがあるそうです。

バーテンダー:お待ち合わせですか?
:いま旅の途中で、朝のフライトが早いので、このホテルに泊まっています。
バーテンダー:どちらに?
:フランス、パリです。
バーテンダー:それはいいですね。今頃はもうクリスマスの雰囲気が素晴らしいでしょうね。

2杯目は別のプロセッコを。グラスをカウンターに置いてから、バーテンダーがこう言いました。

バーテンダー:作家のヘミングウェイはアメリカ人だけれど、キューバやスペインなどずっと異国で暮らして書いていました。そんな彼が特に愛していた街が2つあります。ベネト州のベネチアと、パリ。

そしてヘミングウェイには、こんな有名なセリフがあるそうです。

「そこにパリとベネチアがあるというのに、なんでニューヨークなんかに住めるというのだろう」

++++

「TABLE 9 TOKYO EIGHT STORIES」コーナーは、12月14日(木)まで続きます。8つのショートストーリー、どうぞお楽しみに。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。