体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事にやる気を出すための仕組みがありますか?行動分析学のススメ

仕事にやる気を出すための仕組みがありますか?行動分析学のススメ

「行動分析学」をご存知ですか?

前回、職場にいる「困った人」についての対応・考え方についてご説明いたしました。その中で、「困った人」見極めの方法に加え、環境調整の方法の一つとして、社員がやる気を出すための行動分析学というものについて簡単にご説明しました。

今回は行動分析学を上手く活用することで、社内の風通しが良くなり、社員もやる気を持って仕事に取り組めるようになるため、分かりやすく行動分析学とはどういうものか、また具体的導入事例などをお伝えしたいと思います。

行動分析学とは

今回は社員や部下のやる気を引き出すための、行動分析学の大事な根っこの部分をお伝えしたいと思います。

行動分析学とは、場面と結果をコントロールすることで、望ましい行動を強化(たくさん出現しやすくすること)するための学問です。

会社の業務で言うと、営業電話を「自発的にたくさんかけるように」なったり、会社から帰るときには自分のデスクをきれいに片付けて帰るなど、望ましい行動が出現しやすくなります。

行動分析を行うためには、ABC分析というものがあり、簡単に説明したいと思います。

ABC分析とは、
A:先行条件(Antecedent) 〜〜のときに
B:行動(Behavior)    〜〜したら
C:結果(Consequence) 〜〜になった

というものです。ここまでで、ほとんどの方が頭にたくさん「???」が並んでいると思うので、こんな例を挙げてみます。

例)居酒屋で大将に「ビール!」と言うとキンキンのビールが出てくる。

これをABC分析するとこのようになります。

A:先行条件(どんな場面で)
→居酒屋で

B:行動(何をした)
→大将に「ビール!」と言う

C:結果(どうなった)
→キンキンに冷えたビールが出てくる

つまり、

A:どんな場面で
B:どんな行動を取り、
C:その結果どうなったか

と言い換えてもいいかと思います。

この場合はもちろん、「C:キンキンに冷えたビールが出てくる」という望ましい結果が出てきたので、どんどん「B:大将にビール!という行動が増える」ということになります。B(行動)と、C(結果)との間の時間は短ければ短いほど、行動は強化されます。

実はこのA:どんな場面でというのも非常に重要で、これがたまたま全く別の場所(お店とは無関係の本屋など)で大将を見かけ、そこで「ビール!」と言ってもビールは出てこないわけです(笑)。場面をきちんと弁別できていることが重要と言うことも合わせてお伝えいたします。

このように、適切な場面+望ましい結果を付随させることで、「行動の出現量はコントロールすることが可能」になるのです。

では、なぜ明らかに望ましい行動である、「営業電話をたくさんかけたり」、「退社時に自分のデスクを片付けて帰らない」社員がいるのでしょうか?

行動分析学における「行動」とは

その前に、当たり前のように説明している「行動」について、説明します。行動分析学において、「行動」とは、このように定義されています。

【行動の定義】
誰が見ても
客観的で
測定可能なもの

これが行動の定義です。

そのため、「上司の期待した成果を出すこと」や、「自分のデスクを片付ける」は、実は適切な行動設定ではありません。

なぜなら、「上司の期待した成果」は、上司が奥さんとケンカした直後では(イライラをぶつける対象を見つけるために)非常に高くなっている可能性がありますし、どんなに散らかっていたとしても「その人にとっては、その状態がデスクが片付いている状態」と認識していれば、どんな状態であっても本人にとっては「片付いている」という認識になるからです。

厳密に先程の3つの行動の定義を満たそうとするならば、前者の新規営業電話は一日20本かけ、最初に「○○」と言う。これは相手が途中で切って、全部言えなかったとしても、上司であるあなたや周りの人の耳にそう聞こえたなら、望ましい行動1回として、カウントします。

デスクの上を片付けることは、実際に上司であるあなたがデスクの望ましい状態を提示し、それを写真に撮り、部下も見えるよう、部下の机の見えるところに貼り付け、「この状態になったら帰宅してよい」とすると、誰が見ても同じく客観性が保てるので、望ましい片付け行動は行われるようになります。

1 2 3次のページ
JIJICOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。