体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“天才的”な記憶力が発揮できる!「単語カード」の上手な使い方とは?

『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)『英語を「続ける」技術』(かんき出版)など数々の英語学習に関する著書を出されている西澤ロイさん。英語の“お医者さん”として、英語学習の改善指導なども行っている西澤さんに「正しい英語学習の方法」についてお話しいただくこのコーナー。第12回目の今回は、「単語カードを使った上手な記憶方法」についてです。f:id:k_kushida:20171201104407j:plain

前回、記憶の仕組みについてお伝えしました。詳しくは前回の記事(リンク)をお読みいただけたらと思いますが、「覚えよう」と努力するのではなく、「思い出す」作業を繰り返すことが大切なのでしたね。

今回は、記憶するためのツールとして私が一番オススメする「単語カード(フラッシュカード)」の効果的な使い方について解説します。

本やノートを読み返して覚えようとしていませんか?

あなたは、英単語を覚えようとするとき(もしくは、過去に覚えようとしたとき)に、何を使っていますか? 別に英語に限らなくても、歴史の授業などを思い返していただいてもよいかもしれません。

ここで、例えば「教科書を何度も読み返した」という人も少なくないでしょう。「まとめたノートを読み返す」とか、「単語集のような本を繰り返し読んだ」という人もいるのではないでしょうか。

でもそれだと、前回お伝えしたように、記憶効率が良くありません。「覚えるために、脳は努力を必要としない」のですから、ただ本を読むのではダメ――。「何度も思い出そうとする」必要があるのです。

また、英語はコミュニケーションのツールですから、ただ意味が分かるだけではなく、自分で使えることが大切です。そのことも踏まえ、私は2つのツールをうまく使い分けることをオススメしています。

2つのツールを使い分けよう

使い分けると良いツールの1つ目が「ノート」です。特に、英語学習専用のノートを1冊用意することがオススメです。

ここには、学んだことなどを書いていきます。ノート術に関しては様々なやり方がありますので、具体的な書き方に関してはここでは触れません。ただし、ノートの使い方としては、記憶を「インプット」するために使うのが良いでしょう。

例えば、覚えたい単語や表現について、その意味や使い方、用例などを書いたとします。このノートを見返すことで、いつでも情報を確認し、覚え直すことができますよね。

例:go up(上がる)↗

The oil prices went up three times.(石油の値段が3倍に上がった)

そして、何度も思い出すための「アウトプット」用として、もう1つのツール、単語カード(フラッシュカード)を使うのがオススメなのです。

表に日本語、裏に英語を書こう

では、単語カードの書き方について説明します。基本的にはカードの表には日本語、裏には英語を書くのが良いでしょう。

なぜなら、表に英語、裏に日本語を書いてしまうと、英語を見て日本語訳を思い出す練習に偏りやすいからです。それでは、英語の意味が分かるようにはなっても、自分でしゃべれるようには、なかなかなりません。

ですから、表を日本語にすることで、「日本語⇒英語」で言えるようにするのがオススメです。もちろん、後ろからめくれば「英語⇒日本語」という、意味を理解する練習にも使えますよね。

単語カードには余計なことは書かない

なお、単語カードにいろんな情報を詰め込もうと考える人もいるかもしれません。例えば発音記号、例文やその他解説など、書き込もうと思ったら(スペースが許せば)書けてしまいます。

しかし、私のオススメは、単語カードには余計な情報は一切書かないことです。その理由は、単語カードをアウトプット用のツールとして特化させるためです。もし情報をインプットしたいのであれば、ノートを読み返した方が効率的です。単語カードは、あくまでも「そこに書いてある日本語を元にして、裏に書かれている英語が言えるようにする」というアウトプットのトレーニングのために使うのです。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。