体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三浦しをん作品の登場人物はどうやって生まれる?

三浦しをん作品の登場人物はどうやって生まれる?
J-WAVEで放送中の番組「UR LIFESTYLE COLLEGE」(ナビゲーター:吉岡里帆)。12月3日(日)のオンエアでは、作家の三浦しをんさんをゲストにお招きしました。

三浦さんは1976年生まれ。書き下ろし長編小説『格闘する者に○』で2000年にデビューし、その後、数々の作品を発表。『まほろ駅前多田便利軒』では直木賞を受賞。さらに、三浦さんの小説を映画化した『光』が現在公開中です。

吉岡が「登場人物たちっていうのはどのように生まれるんですか?」と尋ねたところ、「これはねえ…どうなってるんしょうねえ…」と回答に悩む三浦さん。

というのも、「あんまり登場人物から発想することがなくて、どちらかと言うと、どういう話のテイストがいいかなあとか、書きたい話のムードみたいなものが先に浮かんで」とのこと。その後に「その世界で生きている人って、どんな人なのかな」という順番で考えていくそうです。

この回答には吉岡も「そういうふうに出来上がっていたんですね…」と感心していました。

吉岡:じゃあ、全体の温度感とか…
三浦:あ、そうです、まさにそういう感じです。
吉岡:匂いとかが先に出来上がって…
三浦:はい。そして、じゃあそういう温度感とか匂いの中で生きてる人ってどんな人なのかなとか、そういう温度を放ってる人ってどんな人なのかな、っていう順番で考えていきますね。

しかし三浦さんによると、作家の方によっては登場人物から先に浮かぶ人や、作品によって違う人もいるそうで、本当に人それぞれのようです。

そんな三浦さんの小説が原作となっている映画「光」が公開中です。監督は大森立嗣さん、出演は井浦新さん、瑛太さんなど。三浦さんも「本当にすごい映画なので是非ご覧ください」とオススメするほどで、「役者さんたちの演技合戦がすごいです。火花が散ってます」と続けていました。吉岡も、監督とキャストを見て「おもしろくないわけがないですね!」とコメントしていました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「UR LIFESTYLE COLLEGE」
放送日時:毎週日曜 18時−18時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/lscollege/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。