体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

故プリンス、最後の1年にスポットを当てたドキュメンタリーが英国で制作

故プリンス、最後の1年にスポットを当てたドキュメンタリーが英国で制作

 2016年に急逝した故プリンスの最後の1年に焦点を当てたドキュメンタリー、『Prince’s Last Year』が英国で制作されていることが明らかになった。英公共TV局Channel 4の委託でLincoln Square Productionsが制作しているこの企画は、オバマ米大統領在任中のホワイトハウスで非公表で行われたライブや、最後のツアー【ピアノ&ア・マイクロフォン】など、彼が生きた最後の1年の最も重要な瞬間を振り返っている。

 出演者はシーロー・グリーン、ジョージ・クリントン、そして人権活動家のアル・シャープトン牧師などで、他にもプリンスの友人だった政治コメンテーターのヴァン・ジョーンズ、そしてシンガーのEryn Allen Kaneや元恋人のアンディ・アローもインタビューに応じている。

 2016年4月に鎮痛薬の過剰摂取により57歳で亡くなったプリンスの私生活は謎に包まれていたが、晩年には自宅兼スタジオのペイズリー・パークで新人女性アーティストの育成に力を入れていた。彼はまた、2015年4月に米メリーランド州ボルチモアで起きた、フレディー・グレイという名の黒人青年が逮捕直後に謎の死を遂げた事件をきっかけに「ボルチモア」という曲(『ヒット・アンド・ラン・フェイズ・ツー』に収録)を書き、Rally4Peaceと題された抗議集会を主催するなど、政治活動にも積極的になっていた。Rally4Peaceにはビヨンセ、アリシア・キーズ、ジェイ・Zなどのアーティストも賛同していた。

 Channel 4の代表者によると、このドキュメンタリーは海外販売をしないとのことなので、残念ながら現時点では英国のみの放映となる。

関連記事リンク(外部サイト)

故プリンス、死後初の新作公式グッズが期間限定発売
ザ・ニュー・パワー・ジェネレーションによるプリンス・トリビュートステージが日本開催 初期メンバーを筆頭に“ファミリー”が揃い踏み
【続報】故プリンスの好きだった色を巡り姉が反論「紫はプリンスの色」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。