体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LINEの本人確認のSMS認証をすり抜ける方法

LINEの本人確認のSMS認証をすり抜ける方法

今や現代人の必須ツールとなったLINE。Facebookアカウントによる登録も可能ですが、スタンプ購入やLINE Out(LINE版IP電話)など全機能を使うには、SMSによる本人確認が必要になります。そんなLINEを完全匿名で、身元をさらさず安全圏から利用する方法を紹介しましょう。

LINEの本人確認をすり抜ける方法

LINEアカウントを作るには、基本的にSMS認証が必須。キャリアの端末では本人確認されるため、当然ながら匿名での利用はできません。また、LINEでは青少年保護のため、ID検索機能を利用するには年齢確認が必要です。これにはキャリアのアカウントが必須となるため、さらにハードルが高くなります。

さて、そんなLINEを諸事情により匿名で利用したい人は、本人確認をすり抜ける2つの方法があります。1つは、海外プリペイドSIMを使用する方法。もう1つは、SMS認証の代行サービスを使うものです。

まずは海外プリペイドSIMで認証をすり抜けてLINEの本人確認をする方法を見ていきましょう。国内でも、海外旅行者向けのプリペイドSIMが販売されています。この海外用SIMの中には、LINEに登録できるものもあるのです。

プリペイドSIMでLINEの本人確認

ただし、すべてが対応するわけではないので、事前の情報収集は必要。香港のプリペイドSIM「跨境王」は、年齢確認をスキップしてID検索まで利用できるようになります。Amazonなどで容易に入手できるのがうれしいところです。

実際にAPN(アクセスポイント名)を設定した後、LINEに登録してみました。すると、日本国内で簡単に開通したあと、SMS認証による本人確認も無事にすり抜けることができたのです。

LINEを匿名で利用するために、認証代行サービスを使う方法もあります。それがSMS認証代行サービスという存在。今のところ規制が無いため、これを使ってLINEの登録は可能です。ただし、年齢確認を突破するわけではないので、ID検索は利用できません。SMS認証代行はオークションサイトなどから依頼できます。

関連記事リンク(外部サイト)

LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。