体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「週3日会社員、週4日ダンサー」という働き方~“踊る広報”が今の働き方を手にいれたワケとは?

「私、ダンスをしたいので会社を辞めます」。

柴田菜々子さんは、今から約3年前、勤務先企業の社長にそう告げました。

社長から返ってきた答えは、「ダンスと仕事、『or』ではなく『&』で実現する方法を考えてみないか」。

ここから、週3日は社員として広報を担当、週4日はセミプロダンサーとして活動…という「パラレルキャリア」がスタートしました。

f:id:kashiemi:20171130102236j:plain

この働き方は、どんな工夫によって実現し、運用する中でどんな課題が生まれ、どう乗り越えてきたのでしょうか。

株式会社ビースタイル 広報ブランディングユニット しゅふJOB総研研究員 柴田菜々子さんと、しゅふJOB総研所長 兼 ヒトラボ編集長 川上敬太郎さんにお話をうかがいました。

※お2人は、この秋に開催された『NPO法人キャリア権推進ネットワーク ワールドカフェ2017』に登壇。そこで語られたお話をご紹介します。

「得意な業務」に特化し、パフォーマンスの最大化を目指す

柴田さんは8歳から新体操を始め、中学時代は全国大会に出場。大学では演劇学科でコンテンポラリーダンスを専攻しました。

大学卒業時には、プロのダンサーを目指すか就職するかで悩み、「世間知らずの大人になってはいけない」と、とりあえず就職活動を開始。「面白そう」と感じて入社を決めたのが株式会社ビースタイルでした。

ビースタイルは、主に「主婦」の就業を支援する人材サービス会社。家庭と仕事の両立を図りたい主婦に派遣の仕事を紹介する『しゅふJOBスタッフィング』をはじめ、主婦に特化した求人媒体『しゅふJOBパート』、高度なキャリアを持つ主婦が専門性を活かして働ける『時短エグゼ』などのサービスを展開しています。

柴田さんは広報部門に配属され、フルタイムで勤務。一方、大学在学中に結成したダンスチーム『TABATHA(タバサ)』にも所属し、週末にはダンス活動を続けていました。

しかし2年が経つころ、もっとダンスに集中したいと考え、社長に退職の意思を告げたところ「両立できる方法を探ろう」と提案を受けたのです。

f:id:kashiemi:20171130101949j:plain▲広報ブランディングユニット しゅふJOB総研研究員 柴田菜々子さん

柴田さん「まずは、ダンスの定期公演やコンテストのスケジュールから、ダンスの練習や出演準備に必要な時間を算出しました。そこで『週3日勤務ならできる』と申請したんです。『週3日でもこれまでと同水準の成果目標を追う』という決意を伝え、会社から応援してもらえることになりました。次に、自分が普段行っているすべての業務を洗い出し、各業務にどれくらいの時間がかかっているかを整理。中小ベンチャーなので、幅広い業務を担っていましたが、広報の仕事のみにしぼらせてもらうことにしたんです。そして、広報業務の中でも得意な業務・不得意な業務を切り出しました。例えば、リリースの文章を書くより、人に会って伝える方が私は得意。週3日で最大限のパフォーマンスを挙げられるように、得意な業務を中心的に担うことになったんです

上司のサポートを受け、手が足りない部分はアウトソーシングを活用。最初は苦戦したものの、リズムをつかむにつれて成果を挙げられるようになったそうです。

業務の幅が広がらない…。上司が講じた打開策とは?

そして1年が経つころ、川上さんが柴田さんの直属の上司となりました。川上さんはもともと柴田さんの上司でしたが、週3勤務を始めるタイミングでは別の部門に異動しており、1年を経て再び直属となったのです。

f:id:kashiemi:20171130102004j:plain▲しゅふJOB総研所長 兼 ヒトラボ編集長 川上敬太郎さん
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。