体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今夜ぼくは、公園に泊まる。

今夜ぼくは、公園に泊まる。

深緑の森に、光を放つオブジェ。

アーティスティックなこの球体テントは、ハンモックのような浮遊感のなかで、景観と非日常を楽しめる空間です。今夜ぼくは、公園に泊まる。Photo by TAKAYA SAKANO

見た通り、この球体テントはいわゆる「簡易宿泊できるテント」ではなく、設営はなかなかに厄介。また、個人で所有するような価格帯でもありません。

でも、水辺に浮かべたり断崖絶壁につるしたりと、これまでのテントを遙かに超える自由度があります。それだけに、自然との一体感は何にも代えがたいところ。

満室がつづく
「泊まれる公園」

今夜ぼくは、公園に泊まる。Photo by TAKAYA SAKANO

一風変わったグランピングが楽しめるこの施設は、2017年3月に幕を閉じた少年自然の家(静岡県・沼津)をリノベーションし、10月にオープンしたばかり。大人の癒し空間「INN THE PARK」として生まれ変わりました。紹介されるやいなや、週末は満室がつづく人気スポットに。

敷地内の芝生広場では、ライブやナイトシアターなども開催予定で、他にも写真教室やヨガ、アロマなどのワークショップも計画されているそう。

ディナーは屋外ダイニングで森の空気を感じながら(雨天時は室内)、地元・沼津の食材をたっぷり炭火で楽しめます。モーニングはテイクアウトして、お気に入りの場所で朝を過ごしましょう。

さらに、専用のトイレ・シャワーや大浴場も完備。コンセントや携帯充電器も充実していますが、自然を楽しむためにアンプラグドな時間を楽しむのもいい。今夜ぼくは、公園に泊まる。Photo by TAKAYA SAKANO 浮いているのが苦手な人は、地に足がついている「ドームテント」もおすすめです。仲間みんなで宿泊するなら、8名まで泊まれる「1棟貸切」もあります。今夜ぼくは、公園に泊まる。Photo by TAKAYA SAKANO

日本初の、泊まれる公園「INN THE PARK」。

小さい頃は、チャイムが鳴ったら後ろ髪ひかれる思いで急いで帰らなきゃだったけど、あの頃とは180度ちがう「公園体験」ができるかもしれない。Licensed material used with permission by INN THE PARK

関連記事リンク(外部サイト)

彼らはいま、「世界最小の公園」でくつろいでいる
誰かの家でなく、土地に泊まる。「キャンプ版エアビー」がアツい!
初夏の間だけ水に沈む、オーストリアの公園が神秘的。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。