体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

九州男児・筋肉料理人の安い鶏肉でウマい水炊きを作る裏ワザ【今週は一人鍋】

f:id:kinniku39:20171130141839j:plain

こんにちは~筋肉料理人です!

12月に入り寒さも本格的になってきました。寒い冬の夜、食べたいものといえば鍋でしょう。今週のレシプブログ執筆陣のテーマは、毎日作りたくなる「冬の一人鍋」です。

こちら九州でお手軽、おいしい鍋といえば「水炊き」。私は佐賀在住ですが、学生の頃から鍋といえば水炊きでした。お店で食べる博多風の水炊きは鶏ガラから出汁を取っていますが、家庭で食べる水炊きは土鍋に昆布と鶏肉を入れて炊き、ありあわせの野菜を入れるだけ。これをぽん酢しょう油でいただきます。とってもシンプルな鍋ですが、これがうまいんです。

帰宅後にさっと作れておいしい水炊きを、いつもより劇的においしく作るコツを紹介します。

筋肉料理人の「水炊きをおいしく作る裏技」

【材料】1人分

手羽元 4~5本 チンゲンサイ 1株 もやし 1袋 春雨 30g だし昆布 3×5cm 1枚 日本酒 1/4カップ 塩 小さじ1/4 サラダ油 小さじ1 ぽん酢しょう油、ゆず胡椒 適宜

作り方

f:id:kinniku39:20171130140130j:plain f:id:kinniku39:20171130140133j:plain

1. 手羽元を出刃包丁で半分に切ります。骨の周りを出刃でぐるっと切って、その後、骨に出刃を当て、出刃の背中をたたいて骨を切ります。

f:id:kinniku39:20171130140136j:plain

水炊きには本来、骨付きの鶏ぶつ切り肉を使います。骨の髄にはうま味がたっぷり含まれるので、骨を切ってから煮ることでうま味が出やすくなるんです。手羽元は手に入りやすく安い部位なので、手羽元を骨ごと切って使うことで安く、おいしい水炊きが作れます。

f:id:kinniku39:20171130140141j:plain f:id:kinniku39:20171130140142j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。