体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サックリ揚がった「排骨」の「排骨坦々麺」

12月2日放送の「王様のブランチ」(TBS系、午前11時59分~)では、こだわりの坦々麺専門店を特集した中で、「希須林・担々麺屋・赤坂店」(東京都港区)が紹介された。

同店は東京メトロ丸ノ内線、赤坂見附駅から徒歩3分の行列ができる坦々麺専門店だ。

お店自慢のメニューとして紹介されたのが、名物「排骨坦々麺」(1,240円)、そして「坦々麺」(980円)だ。豚肉をサックリ揚げた「排骨」とシャキシャキの野菜炒め、さらに挽き肉がたっぷり乗った一杯だ。

店を訪れたのは尾上松也さん、小泉遥さん、高田夏帆さん。坦々麺の命とも言えるスープを頂いた尾上松也さんは「あ、胡麻の風味ですか、いいですね、胡麻の風味とクリーミーな感じが、堪らないですね」とコメントした。味の決め手となるのは胡麻ペーストと昆布風味のラーメン醤油をブレンドした芝麻醤で、そこに自家製ラー油、一味唐辛子でつくった辛味だれを投入。さらにだしを加えれば、辛さとクリーミーさが絶妙のスープの完成となる。

麺をすすった尾上松也さんは、「うん、結構濃厚なんですけど、麺と絡めて食べてもさっぱり食べられるから、とてもいいかも。全然重たくない」と納得の様子。

使用している麺は、細目でコシのある中太麺。濃厚なスープとしっかり絡んで相性も抜群なのだとか。さらにお店のこだわりとして、もやし、ニラ、キクラゲ、干しえびを炒めたシャキシャキの野菜炒めを豪快に麺の上に盛り付ける。仕上げに豚と鶏の挽き肉を載せて完成だ。

さらにもう一つの名物、「排骨」。豚肉をカリッとジューシーに揚げたもので、こちらも頂いた尾上松也さんは「うん、これ麺、スープ、排骨と食べて味わいが全然違いますね」とコメント。豚の肩ロースにカレー風味のタレを漬けてあげており、味が濃いめなのでアクセントになっているのだそう。

こちらの坦々麺は最後に、無料サービスとなっているごはんを残ったスープに加えて、おじや風の〆ご飯として楽しめるとっておきの食べ方もあるのだとか。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:希須林担々麺屋赤坂店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:赤坂のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:赤坂×中華のお店一覧
「辛さ」と「痺れ」が調節できる担担麺
福島県の地鶏「川俣シャモ」専門店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。