体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福島県の地鶏「川俣シャモ」専門店

12月3日放送の「日曜ビッグバラエティ「ごちそうヒッチハイク旅」」(テレビ東京系、午後19時54分~)では、車に乗せて貰うお礼に食べたい物をごちそうするヒッチハイク旅の中で、「シャモとワインの店・陽風水」(福島県福島市)が紹介された。

JR福島駅の東出口から徒歩で約10分の場所にある同店は川俣シャモを使った料理の専門店。江戸時代に盛んだったという闘鶏のために飼われていた軍鶏が食用になったのが川俣シャモだという。

ご当地焼き鳥を食べるために同店を訪れた4人は阿武隈山地の自然の中で育てられた軍鶏を使った料理を注文。
最初に運ばれてきた「シャモの正肉」(390円)は串の真ん中にムネ肉、両端にはモモ肉を使っている。乗せて貰った車の男性は「シャモの正肉」(390円)を食べて「めっちゃうまい!」とコメントし、他の人も「プリプリ!」「めっちゃ美味しい!」などとコメントした。次に「シャモのレバー」(300円)を食べた男性は「柔らかい」と一言。そして「シャモの月見つくね」(340円)を食べた伊藤一朗さんは「ハンバーグより美味しい!」とコメントした。

同店で4人は他に「川俣シャモのからあげ」(1,300円)、「シャモメンチ」(600円)、「シャモのクリームコロッケ」(650円)、「シャモの生春巻」(590円)、「シャモの皮」(260円)、「シャモの前菜」(400円)を食べた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:シャモとワインの店 陽風水 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:福島市のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:福島市×和食のお店一覧
「辛さ」と「痺れ」が調節できる担担麺
福島県の地鶏「川俣シャモ」専門店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。