体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード HOT BUZZ SONG】TWICE「LIKEY」が4度目の首位、 防弾少年団「MIC Drop」はツイート首位で6位に浮上

【ビルボード HOT BUZZ SONG】TWICE「LIKEY」が4度目の首位、 防弾少年団「MIC Drop」はツイート首位で6位に浮上

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く【ホット・バズ・ソング】。今週もTWICE「LIKEY」が首位を獲得し、4週連続で1位となった。

 動画再生数は前週より15万回上昇し、536万回で1位。ツイート数も2位と引き続き、SNSでの拡散が続いている。ただ、先週までは断トツ1位を獲得していたが、今回は僅差で2位に付けているのがUNISON SQUARE GARDENの「fake town baby」。TVアニメ『血界戦線 & BEYOND』のオープニング曲に起用されており、初登場でダウンロード首位。ダウンロードのポイントを見てみると、2位と倍以上のポイント差をつけており、ほぼダウンロードのポイントのみで【ホット・バズ・ソング】2位につけている。

 3位は荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」が浮上。大阪府立登美丘高等学校ダンス部の“バブリーダンス”の音楽に起用され、10月2日付チャートで突如、2位に登場して以来、チャートを賑わせているが、今週、動画再生数が約76万回上昇し、【ホット・バズ・ソング】も1ランクアップ。ダウンロードも19位と好調な数字をキープしている。そして、6位には防弾少年団「MIC Drop」が獲得。日本語バージョンのMVが公開され、テレビでも報じられたことで話題に。11月30日にはスペシャル・リミックスのミュージック・ビデオも公開されており、まだまだチャートを賑わせそうだ。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2017年12月4日付)
1位「LIKEY」TWICE
2位「fake town baby」UNISON SQUARE GARDEN
3位「ダンシング・ヒーロー」荻野目洋子
4位「灰色と青(+ 菅田将暉)」米津玄師
5位「打上花火」DAOKO × 米津玄師
6位「MIC Drop」防弾少年団
7位「TT」TWICE
8位「Hegemony of the Food Chain」平野義久
9位「ピースサイン」米津玄師
10位「ぼなぺてぃーと■S」ブレンド・A

関連記事リンク(外部サイト)

12月4日付 Billboard Japan HOT 100
【ビルボード】AKB48『11月のアンクレット』が1,506,108枚を売り上げシングル・セールス首位獲得
【ビルボード】ジャニーズWEST「僕ら今日も生きている」がアニメ・チャートで断トツ首位

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。