体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゆず、アジアツアー最終公演で中国語版「栄光の架橋」を初披露しファンと大合唱

ゆず、アジアツアー最終公演で中国語版「栄光の架橋」を初披露しファンと大合唱

 デビュー20周年を迎えたゆずが2日、台湾の台北国際会議センター(TICC)にて、【YUZU ASIA TOUR2017 謳おう‐UTAO‐】最終公演を開催した。

ゆず ライブ写真(全4枚)

 このツアーは、今年9月から11月10日まで行われていた国内ホールツアー【YUZU HALL TOUR2017 謳おう】に紐づく形で敢行された昨年の夏以来、ゆずにとって2度目となるアジアツアー。11月18日のシンガポール公演を皮切りに、11月29日の香港公演を経て、この日千秋楽となる台湾公演が行われた。

 去年のライブより約 3倍のキャパシティとなる会場に集まった多くの現地ファンとともに、国内ツアーとは異なるセットリストと楽曲を次々と披露。「ヒカレ」「虹」「雨のち晴レルヤ」などヒット曲を始め、ファンとカラオケ形式で盛り上がる<ゆず カラオケメドレー>では、「サヨナラバス」「いつか」など自身を代表する楽曲を惜しみなく披露。

 また、本編最後に行われた「夏色」では、北川悠仁のインスタグラムにてインスタライブを実施、ライブの臨場感あふれる生配信で、わずか10分弱の時間ながら約2万2000人が視聴し、熱狂を共有した。

 アンコールのラストには、今年台湾でリリースされたベストアルバム『ゆずイロハ 1997-2017』にのみ収録されていた、「栄光の架橋」中国語バージョンをライブで初披露。思わぬサプライズに歓声が湧きながら、ゆずとともに楽曲を大合唱。また台湾でライブを行うことを約束し、アジアツアーを大盛況に終えた。

 ゆずは、12月6日に20周年記念ドームライブ2作品『LIVE FILMS ゆずのみ』『LIVE FILMS ゆずイロハ』を同時リリース。12月22日には恒例のフリーライブ【ゆず 冬至の日ライブ ファイナル】を開催し、その模様がインターネットテレビ「Abema TV」で独占生中継。2018年春にはニューアルバム&全国アリーナツアーの開催も決定している。

◎【YUZU ASIA TOUR2017 謳おう‐UTAO‐】
台湾・TICC 公演セットリスト
1.ヒカレ
2.超特急
3.イロトリドリ
4.表裏一体
5.雨のち晴レルヤ
6.贈る詩
7.虹
8.カナリア
9.ゆずカラオケメドレー(サヨナラバス~飛べない鳥~いつか~桜木町~恋の歌謡日~少年~栄光の架橋)
10.アゲイン 2
11.恋、弾けました。
12.タッタ
13.夏色
EN-1.嗚呼、青春の日々
EN-2.愛こそ
EN-3.栄光の架橋(中国語バージョン)

関連記事リンク(外部サイト)

ゆず 香港公演ソールドアウト! 会場規模は前回の3倍
『FNS歌謡祭』平井堅/ゆず/東方神起/三浦大知/和楽器バンド/吉川晃司/Toshl(X JAPAN)/西野カナなど計52組の出演決定
ゆず、新メンバ-2018人を募集 北川悠仁「今からドキドキワクワク」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。